ペソチヌイ・グレフ容疑者、赤坂御用地周辺の落書き容疑で逮捕!

落書き3

天皇皇后両陛下のお住まいがある東京都港区の「赤坂御用地」の塀や周辺で落書きが見つかった事件で、近くの設備に落書きをしたとして23歳のロシア人の男が逮捕されました。

壁面に落書きをしたのもこの人物なのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

落書き

引用:https://www3.nhk.or.jp

事件は今月25日、天皇皇后両陛下のお住まいがある、東京都港区の「赤坂御用地」の塀に、およそ30メートルにわたって落書きが見つかったというものです。

25日午前5時すぎ「赤坂御用地」の東側の歩道に面した塀に、赤いスプレーで書いたとみられる落書きがあるのを通りがかった男性が見つけ近くの交番に届け出ました。

高さ約1メートルの塀に、30メートル程度線が書かれていたほか、アルファベットや絵のようなものも書かれていたということです。

警視庁は何者かが夜間にスプレーで落書きをしたとみて、器物損壊の疑いで捜査をしていました。

ペソチヌイ・グレフ容疑者逮捕

落書き2

引用:https://www3.nhk.or.jp

「赤坂御用地」の塀や周辺で落書きが見つかった事件で、このうち近くの設備に落書きをしたとして23歳のロシア人の男が逮捕されました。

逮捕されたのはロシア人で、自称アーティスト、ペソチヌイ・グレフ容疑者(23)です。

ペソチヌイ容疑者は今月25日午前2時ごろ、東京・港区にある「赤坂御用地」の近くの変圧器に赤いスプレーで落書きをしたとして器物損壊の疑いが持たれています。

他にも「赤坂御用地」の歩道に面した塀や周辺で赤いスプレーによる似た落書きが見つかっていて、警視庁は一連の落書きについてもペソチヌイ容疑者が関わったとみて調べています。

調べに対してペソチヌイ容疑者は「どこにも落書きしていない」と容疑を否認しているということです。

防犯カメラでペソチヌイ容疑者の関与が浮上し、27日に沖縄県内にいたところを逮捕されました。

その時、スプレー缶を所持していたとのことです。

ペソチヌイ・グレフ容疑者のプロフィール

名前:ペソチヌイ・グレフ

年齢:23歳

現在、上記以外の情報は公開されていないようで、顔写真などを探すことはできませんでした。

ペソチヌイ容疑者は17日に入国し、24日は港区内のカプセルホテルに宿泊していたとのことです。

スポンサーリンク

赤坂御用地の場所

落書き3

引用:https://www3.nhk.or.jp

事件のあった赤坂御用地の場所は以下のようになります。

写真は、落書きのあった御用地東側の歩道沿いにある壁になります。

ちょうど首都高の下あたりになります。

住所:〒107-0051 東京都港区元赤坂2丁目1

ネットの反応

様々な意見がありましたが、中には外国人がやったのではと、今回の事件を見抜いたような投稿もありました。

他の投稿にもあったように、まともな日本人なら恐れ多くて落書きなどできませんよね。

スポンサーリンク

終わりに

今回の事件、容疑者が落書きを否認していますが、捜査が進めばおのずと真相が解明されていくでしょう。

なぜ落書きに至る気持ちになったのか、今後の情報を待ちたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする