大岡健次容疑者、口論の末兄の首切る?殺人未遂容疑【愛知県】

包丁2

28日午後3時45分ごろ、愛知県尾張旭市の住宅で首から血を流した男性見つかり、この家の住人で、自称無職の50歳の男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。

被害者とは兄弟だったということで、この事件について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

自撮り3

引用:https://www.bengo4.com

逮捕されたのは、愛知県尾張旭市旭台の自称無職、大岡健次容疑者(50)です。

28日午後3時45分ごろ、愛知県尾張旭市にある大岡容疑者宅から「口論のような声が聞こえる」と110番通報があり、駆け付けた守山署員が住宅内で首から血を流した男性を発見したということです。

被害にあった男性は、静岡県藤枝市青南町で大岡容疑者の兄、直樹さん(58)で、搬送先の病院で死亡しました。

大岡容疑者は、自宅で口論となった直樹さんの首などを包丁で切り付け殺害しようとした殺人未遂の疑いで逮捕されていましたが、守山署は容疑を殺人に切り替えて調べるとしています。

大岡容疑者は調べに対し、切り付けたことは認めているということです。

大岡容疑者は一人暮らしとみられ、守山署は経緯を調べています。

スポンサーリンク

大岡健次容疑者のプロフィール

名前:大岡健次

年齢:50歳

職業:自称無職

住所:愛知県尾張旭市旭台

スポンサーリンク

大岡容疑者の顔写真

大岡容疑者の顔写真については、情報が入り次第更新していきます。

犯行の動機

包丁

引用:https://www.photo-ac.com

今回の犯行について大岡容疑者は、切り付けたことは認めているということです。

動機などは現在捜査中ということで、はっきりとしたことはわかっていませんが、口論していたということで、何らかのトラブルがあったことは間違いないでしょう。

近所の住民に通報されるくらいの口論でしょうから、よっぽどうるさかったか、もしくはすでに取っ組み合いをしていて、物音もかなりのもので、外部の人間から見ても危機的状況を感じさせるくらいだったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

犯行現場

愛知

引用:https://www.city.owariasahi.lg.jp

今回の犯行が行われた場所は、大岡容疑者の自宅ということで、以下のようになります。

住所:愛知県尾張旭市旭台

スポンサーリンク

殺人未遂の刑罰

包丁2

引用:https://radichubu.jp

殺人未遂罪は、条文上では殺人罪と合わせて以下のように記載されています。

第26章 殺人の罪

(殺人)第百199条  人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。

(未遂罪)第203条  第199条及び前条の罪の未遂は、罰する。

明確な刑罰が設定されていませんが、殺人罪と同様に罰せられるとされていて、その相場は、殺人未遂関連の量刑の相場は懲役3年~15年が一般的だとされています。

第8章の未遂罪(未遂減免)第43条では、犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった者は、その刑を減軽することができ、自分の意思で犯罪を中止したときは、その刑を減軽、又は免除するとありますので、犯行状況などによって裁判官が決める罪の重さが変わるということです

過去の殺人未遂に関する判決では、執行猶予を含む懲役7年以下の判決が全体の80%以上を占めています。

今回の場合は、殺人に切り替えて捜査するということですので、殺人罪が適応される可能性もありそうですね。

スポンサーリンク

終わりに

兄弟間で殺人に至るトラブルとはいったいどのようなものだったのでしょうか。

それほどの憎しみがあったということでしょう。

何かあれば助け合っていかなければいけないのが兄弟だと思うだけに、今回の事件は非常に残念な出来事ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする