尾崎鉄幹容疑者、見守りボランティア男性を突き倒し腹蹴り暴行?【高知】

暴行

高知県高知市の通学路で、見守りボランティアをしていた男性を突き倒し、腹を蹴ったとして26日、21歳のアルバイトの男が暴行の疑いで逮捕されました。

なぜこのような行動を起こしたのか、動機や経緯など調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

未遂2

引用:https://www.keijihiroba.com

逮捕されたのは高知県高知市のアルバイト、尾崎鉄幹容疑者(21)です。

尾崎容疑者は26日午前8時すぎ、高知県高知市新屋敷1丁目の通学路で、携帯電話で通話しながら自転車に乗っていたところ、児童の見守りボランティアをしていた74歳の男性に注意され、これに腹を立てた尾崎容疑者は、ボランティアの男性を突き倒し、腹を数回蹴り、全治1週間のけがを負わせた暴行の疑いがもたれています。

ボランティアの男性と尾崎容疑者に面識はないということです。

尾崎容疑者は調べに対し、「蹴ったことは間違いありません。腹がたったのでやりました」と容疑を認めているということです。

現場は、高知市のJR円行寺口駅からおよそ300メートル東の交差点で、周囲には小中学校や高校が、複数あるところです。

スポンサーリンク

尾崎鉄幹容疑者のプロフィール

名前:尾崎鉄幹

年齢:21歳

職業:アルバイト

住所:高知県高知市

顔写真については、情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク

尾崎鉄幹容疑者のTwitter

尾崎容疑者のSNSについて、Twitterを調べてみましたが、複数該当し、さらにアカウントも利用されている形跡がなく、調べるに至りませんでした。

ツイッターの検索結果はこちらです。

スポンサーリンク

犯行の動機

暴行

引用:https://kyoto.vbest.jp

今回の犯行について尾崎容疑者は、「蹴ったことは間違いありません。腹がたったのでやりました」と容疑を認めているということです。

ついカッとなって手を出してしまったといったところでしょうか。

その時はスッキリしたかもしれませんが、代償は大きかったようですね。

スポンサーリンク

犯行現場

高知

引用:https://www.m-ys.co.jp

今回の犯行が行われた場所は、「高知県高知市新屋敷1丁目の通学路」ということで、以下の辺りになります。

JR円行寺口駅からおよそ300メートル東の交差点」ということですので、以下の写真の辺りでしょうか。

詳細は情報が入り次第更新します。

スポンサーリンク

暴行罪・傷害罪の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

暴行罪とは、暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときに暴行罪となります。

つまり、暴行された人が怪我をしなかった時は「暴行罪」となり、怪我をしてしまった時は「傷害罪」となるということです。

法定刑は、暴行罪の場合、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留、もしくは科料となっています。

傷害罪になると、法定刑は刑法第204条により、15年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

スポンサーリンク

終わりに

今回の事件、暴行を受けたボランティアの男性は怪我をしているということで、傷害罪に問われる可能性もあります。

短気は損気とはよく言いますが、全くそのとおりになってしまいましたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする