谷口祐介容疑者、カード情報暗記しネット通販で買い物?レジパート従業員

カード3

レジ打ちの最中に客のクレジットカード情報を記憶して悪用し、インターネット通販で買い物したとして警視庁深川署は、東京都杉並区浜田山のパート従業員、谷口祐介容疑者(34)を詐欺などの疑いで逮捕しました。

暗記力に関心を覚えますが、今回はこの事件について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

カード

引用:https://www.smbc-card.com

レジ打ち中に客のクレジットカード情報を記憶して悪用し、インターネット通販で買い物をしたとして、警視庁深川署は東京都杉並区浜田山のパート従業員、谷口祐介容疑者(34)を詐欺などの疑いで逮捕しました。

谷口容疑者は、東京都江東区内の大型商業施設でレジ打ちを担当していて、買い物客からクレジットカードを預かった際に氏名やカード番号などを瞬時に暗記し、その情報を使ってインターネット通販で繰り返し買い物をしていた疑いがもたれています。

谷口容疑者は昨年3月中旬ごろ、他人名義のカード情報でショルダーバッグ2個(販売価格計約27万円)を購入し、自宅アパートに配送させたということです。

昨年5月、カード情報が不正利用されていると、持ち主から警察に相談があったことから事件が発覚しました。

調べに対し谷口容疑者は、「購入した商品を質屋に転売し、生活費や家賃に充てた」と供述し、容疑を認めているということです。

谷口容疑者のノートには1300件以上のカード情報がメモされていたということで、余罪などがないか詳しく調べています。

スポンサーリンク

谷口祐介容疑者のプロフィール

名前:谷口祐介

年齢:34歳

職業:パート従業員

住所:東京都杉並区浜田山

顔写真については特定に至りませんでしたので、公開され次第更新していきます。

スポンサーリンク

犯行の動機

カード3

引用:https://www.jaccs.co.jp

今回の犯行について谷口容疑者は、「購入した商品を質屋に転売し、生活費や家賃に充てた」と供述し、容疑を認めているということです。

生活費のためというのが犯行の動機のようですが、ではなぜ給料がある程度パートよりも優遇されている正社員にならないでしょうか。

なりたくてもなれないということでしょうか。

いずれにせよ、他人のカードで買い物してしまっては、泥棒と一緒ですね。

スポンサーリンク

犯行現場

カード2

引用:https://www.ryutsuu.biz

今回犯行が行われた場所は、「東京都江東区内の大型商業施設」ということで、以下のどこかの施設になります。

谷口容疑者が勤める商業施設は、現在特定できていません。

スポンサーリンク

詐欺罪の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

詐欺罪は様々なケースがありますが、詐欺罪として犯罪が成立するのは、人を騙すことによって、騙された人が、お金や金銭的な価値があるものを提供してしまった場合です。

法律で定められた詐欺罪の刑罰は、10年以下の懲役です。

罰金刑がないため、初犯であっても執行猶予が付かなければ、即刑務所に収監される可能性があります。

過去の有罪判決のうち、約85%が1年から3年の刑期となっています。

また、執行猶予が付いているのは、全体の約51%です。

このように有罪判決の半数程度は、判決後すぐに刑務所に行くことになっているようです。

スポンサーリンク

終わりに

騙して得たお金で生活費や家賃の支払いをするためだったということで、完全なる金銭目的の犯行だったわけですが、それにしても他人のカードを一瞬で記憶してしまうというのはすごい能力です。

この能力を持てば、もっと違うところで力を発揮できていたかもしれません。

それが犯罪に使われてしまっては、なんだか残念な能力の使い方ですね。

谷口容疑者におかれましては、被害者の方にお金を返し、しっかりと謝罪していただいたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする