佐藤圭一容疑者、同居する5歳の男の子に暴力?傷害容疑で逮捕【福島】

未遂2

同居する5歳の男の子に暴力を振るい、全治1週間程度のけがを負わせたとして、46歳の会社員の男が傷害の疑いで逮捕されました。

今回はこの事件について、経緯や動機など調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

DV2

引用:https://bali.tribunnews.com

逮捕されたのは、福島県郡山市の会社員、佐藤圭一容疑者(46)です。

佐藤容疑者は、8月中旬から9月12日までに、同居する5歳の男の子にけがを負わせたとして傷害の疑いが持たれています。

今月12日、男の子が病院で診察を受けた際、下腹部に傷があり、全治1週間程度のけがと診断されていました。

その後、診察した病院が県中児童相談所に連絡し、さらに県中児童相談所から「虐待を受けた疑いのある児童がいる」という通報を受けた警察が、男の子や病院から話を聞き調べていました。

佐藤容疑者は調べに対し「分からない」と供述し、容疑を否認しているということです。

佐藤容疑者は、内縁の妻とその子ども2人と4人で一緒に住んでいて、けがをした男の子はこのうちの1人。

もう1人とともに9月12日に児童相談所が保護し、自宅以外の施設で保護されているということです。

警察は日常的な状況などについても調べています。

スポンサーリンク

佐藤圭一容疑者のプロフィール

名前:佐藤圭一

年齢:46歳

職業:会社員

住所:福島県郡山市

顔写真については、情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク

犯行の動機

未遂2

引用:https://www.keijihiroba.com

今回の犯行について佐藤容疑者は、「分からない」と供述し、容疑を否認しているということです。

奥さんの連れ子を虐待するという話はありがちな話ですが、そこに至るまでの心境はどういったものなのでしょうか。

目障りだったということでしょうか。

はたまた、言うことを聞かず思わず手を出してしまったということでしょうか。

暴力が日常的だったかどうかは、現在捜査中ということです。

スポンサーリンク

犯行現場

今回の犯行が行われた場所は、現在情報が入ってきていませんが、他の目に触れず暴行を行っていたということを考えると、自宅で暴力を奮っていたとみて間違いないでしょう。

スポンサーリンク

傷害罪の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

通常、暴行された人が怪我をしなかった時は「暴行罪」となりますが、今回の場合、佐藤容疑者が暴力を奮ったことで男の子が怪我をしていますので、怪我をしてしまった時は「傷害罪」となります。

法定刑は刑法第204条により、刑罰は15年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

スポンサーリンク

終わりに

幼い子供に暴力を奮う事件はよく取り沙汰されますが、なかなか無くならないですね。

子供を守るためには、もっと厳しい規制が必要なのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする