林健太郎容疑者、駅窓口のガラス叩き割る?動機は?現場は?医療法人理事長

器物損壊

駅の改札窓口のガラスをたたき割ったとして、医師で医療法人の理事長の男が、器物損壊の疑いで逮捕されました。

なぜそのような恐慌に及んだのでしょうか。

今回はこの事件の動機や、容疑者像について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

未遂2

引用:https://www.keijihiroba.com

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、神奈川県鎌倉市由比ガ浜の医師、林健太郎容疑者(46)です。

林容疑者は医療法人社団同善会理事長を努めており、過去には国境なき医師団の日本理事などを務めていました。

さらに現在は国立保健医療科学院と千葉大学で客員研究員として研究に携わっているということで、素晴らしい実績と経歴の持ち主です。

林容疑者は15日午前0時35分ごろ、JR横須賀線鎌倉駅西口改札の窓口に設置されたガラスを、右手でたたき割ったとされています。

林容疑者は犯行当時、かなり酒に酔っていたということで、調べに対して「たたいたのは覚えているが、割れてしまったかは覚えていない」などと供述しています。

スポンサーリンク

林健太郎容疑者のプロフィール

名前:林健太郎

年齢:46歳

職業:医師【医療法人社団同善会理事長】

住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜

【理事長プロフィール】
東京育ち。大学より沖縄に渡る。琉球大学医学部卒業。同大学病院で研修中に911を沖縄で経験。
国内外の紛争/災害地・貧困地域での医療活動を志し、臨床経験を積んだ後、人道支援活動に専心。
ミャンマーを始め世界各国で医療活動に従事、帰国後、国境なき医師団日本理事に就任。
東日本大震災時を契機に同団体を離れ、人道援助/社会的企業/ソーシャルビジネスを行うBarefoot Doctors Groupを設立。日本プライマリ・ケア連合学会東日本大震災支援プロジェクト責任者、日本財団/ミャンマー医師会プライマリ・ヘルス・ケア振興プロジェクト顧問を務め、現在は香辛料「八角」から致死性インフルエンザ備蓄薬の「タミフル」を作る「八角平和計画」を始めとして、ASEAN日本で多くの事業を推進中。
国立保健医療科学院健康危機管理研究部客員研究員・千葉大学法律経済学部グローバル関係学客員研究員として災害教育/研究・平和教育/研究にたずさわる。

引用:https://www.dozen-hp.com

こちらの他、同善会の情報が掲載されているホームページがこちらです

スポンサーリンク

林容疑者の顔画像

同善病院理事長

引用:https://www.dozen-hp.com

林容疑者のTwitter

林容疑者のTwitterアカウントはこちらになります。林健太郎 (@a0690z)

犯行の動機

器物損壊

引用:https://okayama.vbest.jp

今回の犯行の動機については、はっきりとしたことはわかっていません。

林容疑者は事件当時かなり酒に酔っていたということで、「たたいたのは覚えているが、割れてしまったかは覚えていない」などと供述しています。

考えられることとしては、

・酔った勢いでなんとなくやってしまった

・駅員の対応が悪く、苛立っていた

・何か問題が生じ助けを求めていた

などが上げられます。

いったいなぜガラスが割れるほど強く叩く必要があったのでしょうか。

スポンサーリンク

犯行現場

鎌倉駅

引用:http://kaisatsugazo.net

今回の犯行が発生した場所は、「JR横須賀線鎌倉駅西口改札の窓口」ということで、以下の場所になります。

スポンサーリンク

器物損壊罪の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

器物損壊罪の法定刑は、「3年以下の懲役または30万円以下の罰金、もしくは科料」となっています。

科料とは、1万円以下の金銭の納付を求める刑罰のことです。

世間の反応

今回の事件についての世間の反応を紹介します。

「国境なき医師団てほんの気分で行けるところでもないしできないと思う。理由はわからないけど残念な行為」

「戦地でよほど酷いものを見てきたのだろうか…。常に命の危険がある場所に居て、いわゆるPTSDになってしまい、酒を大量に飲まずには居られなくなったのだろうか。
こんな生活をしていては自身の身がもたなくなる。窓ガラスはキチンと弁済して謝罪をすべきだが、それ以上にこの方が心配だ。救われた人と救われる人が沢山いるのだ、心と身体を休めて、これからも医師として居てほしい。

「立派と見られている人に結構出てくる闇の部分。立派に見られることのために努力することに実際はかなりのストレスがたまっているのだろう。だったら最初から普通でいたら?」

「普段は立派な人なんだろうな。
ハゲワシが餓死寸前の少女を狙う有名な写真を撮った人は、戦地のトラウマからアルコールとドラッグにおぼれ自ら命を絶ったそうだが、もしかしたらこの医師もそうした背景があったのかも。酒を絶って更生されますように。」

「カウンセラーがGOサイン出すまで医療には関わらない方が良いかもね」

「医者や看護師の飲み会は派手だと聞いたことがありますが、普段の抑圧されたストレスがあるのでしょう。教員の飲み会も荒れる人は荒れます。まぁ、今回の方にはガラスという国境は必要なかったのですね。」

「お酒が人を変えるのではない。お酒によって、その人の本性が現われるだけ。お酒に酔って全く記憶がないなんてことはない。酔っていても、衝撃的なことは断片的にでも覚えている」

「ひとつの愚かな行為が全てを否定される結果となる。ただ以前から酒ぐせの悪さは自分で認識してるはず。初めてではないよね。結局自分に甘い。」

「すっごく残念。国境なき医師団は、応援していたから。イメージの維持は、大変ですね。残ったお医者さんの、頑張りに期待します!」

「罪は憎んで人を憎まず。ガラスを割った事はいけない。しっかり罪を償ってほしい。でも、国境なき医師として活躍されてきた方。たぶん、何かあったのかもしれません。」

スポンサーリンク

終わりに

世間の反応にもあるように、今回のような行為を行うに至る何か原因があったということでしょうか。

何か内に秘めたものがあったということでしょうか。

詳細は不明ですが、これだけの功績を残してきた人物なだけに、非常に残念ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする