佐々木博容疑者、母親蹴るなどの暴行を加え死亡させる!?【宮城県】

宮城2

仙台市太白区の住宅で21日夕方、息子に顔を蹴られてけがをした87歳の母親が、搬送先の病院で死亡が確認され、62歳の息子が逮捕されました。

最近多い高齢親子のトラブル、一体何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の詳細

宮城

引用:https://www3.nhk.or.jp

逮捕されたのは、仙台市太白区西多賀の無職、佐々木博容疑者(62)です。

佐々木容疑者は21日午後5時前、自宅で同居している母親の徳子さん(87)に顔面を蹴るなどの暴行を加えて、唇にすり傷を負わせるなど傷害の疑いが持たれています。

佐々木容疑者みずから「母親を蹴ってしまった」と警察に通報し、駆けつけた警察官がけがをしている徳子さんを確認し、佐々木容疑者をその場で逮捕するに至りました。

徳子さんは意識不明の重体で市内の病院へ搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

佐々木容疑者と母・徳子さんは、この家で2人暮らしをしていたということです。

警察は容疑を傷害致死に切り替えて、詳しいいきさつを調べています。

スポンサーリンク

佐々木博容疑者のプロフィール

宮城2

引用:https://www3.nhk.or.jp

名前:佐々木博

年齢:62歳

職業:無職

住所:宮城県仙台市太白区西多賀

顔写真などは、現在公開されておらず、特定に至りませんでした。

スポンサーリンク

犯行の動機

宮城3

引用:https://www3.nhk.or.jp

佐々木容疑者は現在、容疑を認めているということです。

さらに、警察の聞き取りに対し、徳子さんが「言うことをきかなかった」などと話しているということです。

なにか親子間で意見の食い違いがあったということでしょうか。

言うことを聞かなかったということですから、佐々木容疑者が母親に対して何かさせようとしたのでしょうか。

筆者の家の場合、歳を取り歩けなくなった母親に対し、日中家族が仕事で介護できないからという理由で、施設に入ってもらうよう話したということがありました。

その時はなんの問題もなく、その方が安心だからという理由で、すんなり話しがまとまりましたが、佐々木容疑者の家庭も同じ理由だとすれば、トラブルになったことも十分に考えられます。

佐々木容疑者の介護疲れなど、いろいろと考えらますので情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク

犯行現場

今回の事件は、佐々木容疑者の自宅での出来事ということで、下記の場所が犯行場所になります。

住所:宮城県仙台市太白区西多賀

スポンサーリンク

終わりに

今回の事件は、ここ最近多い高齢親子による事件でしたが、前述した通り、もし介護の話しでのトラブルだとすれば、筆者の家も例外ではなかったのかなと感じます。

早い段階から、歳を取った時のことを考えておけば、いろいろなトラブルを回避できると思います。

しかしながら明確な犯行の動機は定かではありません。

しかも暴行を加えて死なせてしまっては、ただの殺人です。おそらく殺すつもりはなく、後悔しているでしょう。

その思いを背負いこれから罪を償ってほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする