豊嶋信人容疑者、新潟でひき逃げの疑い?山形県の男を逮捕【新潟】

ひき逃げ11

29日新潟県胎内市の市道で、自転車に乗っていた女性を車ではね大けがをさせた上、その場から走り去ったとして、山形県の会社役員の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

今回はこの事故について、事故の原因や現場など調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

ひき逃げ

引用:http://ichibanyasui-kurumahoken.com

逮捕されたのは、山形県小国町の会社役員、豊嶋信人容疑者(55)です。

豊嶋容疑者は29日午後6時ごろ、新潟県胎内市近江新の市道でワゴン車を運転していたところ、自転車に乗っていた50代の女性をはね骨折などの大けがをさせました上、救護せずその場から走り去ったとして、ひき逃げなどの疑いが持たれています。

事故から約2時間後の午後8時ころに、豊嶋容疑者が山形県警小国警察署に「運転中に何かにぶつかった」と出頭し、連絡を受けた新潟県警新発田警察署が捜査し、30日朝逮捕となりました。

豊嶋容疑者は調べに対し「間違いありません」と容疑を認めており、警察が当時の状況を詳しく調べています。

現場は田んぼに囲まれた幅およそ8メートルの見通しの良い直線道路ということです。

スポンサーリンク

豊嶋信人容疑者のプロフィール

名前:豊嶋信人

年齢:55歳

職業:会社役員

住所:山形県西置賜郡小国町

スポンサーリンク

豊嶋容疑者の顔画像

豊嶋容疑者の顔画像については、情報が入り次第更新していきます。

事故原因

ひき逃げ11

引用:http://world-news.beauty-box.tokyo

今回の事故について豊嶋容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているということです。

事故の詳しい原因については、現在捜査中ということです。

午後6時ということで、通常であれば仕事帰りで帰宅中といった状況でしょうか。

現場は田んぼに囲まれた幅およそ8メートルの見通しの良い直線道路ということで、事故の原因となる外的要因が考えられないこと、また、出頭した際に、「運転中に何かにぶつかった」と話していて、人にぶつかったことを明確にしていないこと、この2つを踏まえると、豊嶋容疑者の前方不注意の可能性も考えられますね。

スポンサーリンク

事故現場

新潟

引用:http://www.news24.jp

今回の事故が発生した場所は、「新潟県胎内市近江新の市道」ということで、以下の辺りと考えられます。

また報道の映像から以下の場所と特定できました。

「近江新交差点」から北に数百メートルの地点になります。

スポンサーリンク

ひき逃げの刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

ひき逃げに関して以下のような規定になっています。

運転者が、人身事故に係る救護義務・危険防止措置義務に違反した場合には、道路交通法第117条第1項により、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

なお、人身事故が「人の死傷が当該運転者の運転に起因する」ものである場合に、救護義務・危険防止措置義務に違反した場合は、道路交通法第117条第2項により、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

「運転に起因する」要件とは、運転者が過失運転致死傷または危険運転致死傷に問われうる場合であり、死傷者が赤信号を無視したり追突、逆走した場合など、運転者の無過失が明らかな場合を除き、通常は第117条第2項の罪が適用となります。

スポンサーリンク

終わりに

今回の事故の状況を察するに、何もない田んぼ道で起きた事故という印象を受けますが、そんな見通しのいい場所でも事故が起こり得るということがわかりました。

ドライバーの方はそのような状況もあるということで、改めて注意していただきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする