齋木厚志容疑者、ひき逃げ容疑?事故現場、逃走理由など【大阪】

ひき逃げ11

24日、大阪府東大阪市の交差点で自転車の男性が車にはねられた事件で、その場から逃走した車の運転手の男がひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

今回はこの事件について、事故の原因や逃走した理由など、調べてみました。

スポンサーリンク

事故の詳細

ひき逃げ11

引用:http://world-news.beauty-box.tokyo

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、大阪府東大阪市楠根の会社員、齋木厚志容疑者(36)です。

齋木容疑者は24日午前4時すぎ、大阪府東大阪市御厨栄町の交差点を自転車で横断していた50代くらいの男性をはね、救護せずその場から逃走したとして、ひき逃げと過失運転傷害の疑いがもたれています。

はねられた男性は、頭などを打って意識不明の重体となっているということです。

警察は逃げた車の行方を捜査していましたが、24日夜、齋木容疑者が「出頭したい」と連絡してきたため、事情を聴き逮捕に至りました。

スポンサーリンク

齋木厚志容疑者のプロフィール

名前:齋木厚志

年齢:36歳

職業:会社員

住所:大阪府東大阪市楠根

スポンサーリンク

齋木容疑者の顔画像

齋木容疑者の顔画像については、情報が入り次第更新していきます。

事故の原因

大阪

引用:https://www3.nhk.or.jp

今回の事故について、詳しい事故の原因は現在わかっていません。

可能性としては、時間が午前4時と深夜帯から朝方にかけての暗い時間ですから、自転車の存在に気づかなかったことが挙げられます。

また、齋木容疑者が漫然運転をしていた可能性もありますし、自転車の発見が遅れた理由としては夜間で暗かったことも挙げられます。

スポンサーリンク

逃走した理由について

大阪2

引用:http://www.news24.jp

齋木容疑者は調べに対し容疑を認めたうえで、逃走した理由については「けがをさせてしまったことを確認するのが怖かった」などと話しているということです。

時間的にも他の歩行者もいなかったでしょうし、目撃情報が出にくい時間帯ということもあって、そのまま逃走してしまったという面もありそうですね。

スポンサーリンク

事故現場

今回の事故が発生した場所は、「大阪府東大阪市御厨栄町の交差点」ということで、以下の辺りになります。

また報道の映像から、以下の「小阪北口交差点」と特定できました。

スポンサーリンク

ひき逃げと過失運転傷害の刑罰

ひき逃げ

引用:http://ichibanyasui-kurumahoken.com

ひき逃げ

ひき逃げに関して以下のような規定になっています。

運転者が、人身事故に係る救護義務・危険防止措置義務に違反した場合には、道路交通法第117条第1項により、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

なお、人身事故が「人の死傷が当該運転者の運転に起因する」ものである場合に、救護義務・危険防止措置義務に違反した場合は、道路交通法第117条第2項により、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

「運転に起因する」要件とは、運転者が過失運転致死傷または危険運転致死傷に問われうる場合であり、死傷者が赤信号を無視したり追突、逆走した場合など、運転者の無過失が明らかな場合を除き、通常は第117条第2項の罪が適用となります。

過失運転致死

過失運転傷害は、自動車を運転する上で必要な注意を怠って、人にケガをさせたり、死亡させたりした場合問われる罪です。

刑罰は、7年以下の懲役・禁固、または100万円以下の罰金となっています。

スポンサーリンク

終わりに

今回のように、良心の呵責に耐えかねて出頭したことについては、自分の責任を果たすという意味では当然の行動だと感じます。

しかし一番大事なのは、被害者の方が無事であるということですので、その場ですぐに救護していただきたかったですね。

被害に遭われた方の容態が気になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする