堀ちえみさん、舌がん告白 口腔癌:左舌扁平上皮癌とは

堀ちえみ

タレントの堀ちえみさんが2月19日、自身のブログでステージ4の舌がんであることを公表しました。

がんはすでに首のリンパにも転移しており、2月22日にはがん切除の手術を予定しています。

舌がんとは何なのか、原因は?症状は?そして対処法はあるのでしょうか。堀さんの容態が気にかかります。

スポンサーリンク

堀ちえみさんのプロフィール

堀ちえみ4

引用:https://wave.ap.teacup.com

堀ちえみ(松竹芸能)

生年月日:1967年2月15日大阪生まれ。

血液型:B型。

ホリプロスカウトキャラバン出身。

82年3月、シングル「潮風の少女」でデビュー。

83年にはTBS「スチュワーデス物語」で高卒スチュワーデスを熱演。

その後20歳で一度引退するも、89年の結婚後、松竹芸能より関西の番組を中心に活動を再開。

舌がんとは

舌癌

引用:https://www.higashiyama-dent.com

舌がんとは、口の中に発生するがん(口腔がん)の一種で、舌の前3分の2と舌の縁や舌の裏に発生するものを指します。

なんと口腔がんの約50〜60%を舌がんが占めるといわれてます。

スポンサーリンク

堀さんの症状

舌癌

引用:http://www.wakarugantenittmgd.com

昨年夏ごろから口内炎と思い医療機関を受診していましたが、症状がよくならず11月に再検査。

レーザー治療を受けていましたがその後腫瘤ができたそうです。

舌がんは珍しく、口内炎が一般的なため、専門外の医師はがんを見過ごすこともあるそうです。

さらに堀さんの場合、以前発症していたリウマチの薬を投与しており、その薬には口内炎ができやすいという副作用もあったことから、薬の使用を中断し症状の緩和を待っていたこともありました。

これらの要因が、堀さんのがんを進行させたと言い切ることは難しいですが、全く原因ではなかったとも言い切れません。

舌がんの特徴

舌癌

引用:https://44yh.net

主な特徴としては、舌の両脇にしこりができるそうで、舌の真ん中や先端部分にはあまりできないといわれています。

鏡越しに自分で確認することができるため、早期に発見し医療機関を受診する人が多いそうです。

しかし発症初期には痛みもないため、堀さんのように口内炎だと勘違いしまうほどだといわれていて、そのために症状が進行した状態で受診する人も少なくないそうです。

進行すると、痛み、出血の他に、口臭がきつくなるという症状が現れてきます。

実際に堀さんも舌がんと診断される前は、夜寝ていられないほどの激痛に襲われていたといいます。

舌がんの原因

舌癌2

引用:http://www.maruyama-dc.net

正直なところはっきりとした原因は明らかになっていませんが、多くの場合、飲酒や喫煙といった刺激が原因と考えられています。

また歯並びの悪さや、口に合っていない入れ歯が、日常的に口の中の粘膜組織とぶつかることで刺激となり発生するケースも考えられており、このことから口の中の健康がいかに大事かうかがい知れます。

スポンサーリンク

治療法

治療

引用:http://sendworld.co.jp

舌がんの場合、病気の進行度合いにより治療方法が変わってきますが、手術(外科療法)放射線療法抗がん剤による治療の三大療法の他に、近年「第四の治療」といわれる免疫療法や、がん細胞のみを集中的に抑える陽子線治療などもあります。

堀さんの場合、外科治療により舌の半分以上を切除し、同時に首のリンパに転移した腫瘍も切除するそうです。

その後自身の皮膚を、切除した舌に移植し、リハビリを行っていくとしています。

堀さんは、術後は喋れなくなるが、頑張って治療しますとブログに綴っていました。

がんによる死亡者数

病院

引用:https://www.irasutoya.com

2017年時点のがんによる死亡者数は、373,334人(男220,398、女152,936)内、口腔・咽頭がんなど、口に発症するがんでなくなった人の数は7,454人(男5,324、女2,128)となっています。

堀ちえみさんの同期たち

堀ちえみ3

引用:https://jisin.jp

1982年といえば、花の82年組といわれた堀さんを含めた豪華メンバーがデビューした年になります。

堀さんの同期には、中森明菜さん、小泉今日子さん、早見優さん、松本伊代さん、石川秀美さん、シブがき隊がいて、このたびの堀さんの報道を受け、同期のみなさんがコメントを発表しています。

早見「前向きに頑張って」

松本「たくさんいろいろなことを乗り越えてきたちえみだからきっと大丈夫」

本木「まだまだいける」

薬丸「同期みんなでパワーを送りたい」

布川「願晴れ!ちえみ!」etc

などなど温かいメッセージが送られていて、さらに同期会をしようという話も出ているようで、82年組の仲の良さがうかがえますね。

スポンサーリンク

まとめ

堀ちえみ

引用:https://www.sankei.com

こういった病気の報道を聞くと、筆者の場合いつも最初に湧き上がるのは、まさかこの人が・・・という感情ですが、それと同時にそのまさかが、自分も例外ではないということを感じさせられます。

前述の通り、今回の舌がんにしても、口内炎と似ていて気づかなかったことや、それ以外でも、自分の身体のことで見逃しがちなこと、気にはなっているけど後回しにしがちなことなど誰しもあると思います。

かくいう筆者も健康診断で毎度引っ掛かる心電図の結果に、遺伝だから・・・と目をつぶってしまっています。

そういったことを、取り返しのつかなくなる前にもう一度見直してみようと感じさせられた出来事でした。

堀ちえみさん、今回のがんを乗り越えて、ふたたび元気な姿で戻って来られる日を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする