西山優希容疑者、顔画像判明!不動産会社社員殺人未遂!今後は?逮捕後の流れなど

西山

神奈川県横浜市で不動産会社社員の女性(23)が、物件の内覧中に案内していた男に刺され重傷を負った事件で、住所不定無職の男が、強盗殺人未遂の疑いで逮捕されました。

今回はこの事件について、逮捕後の流れや、今後の動向など調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

西山

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

強盗殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、住所不定無職の、西山優希容疑者(24)です。

西山容疑者は25日午後4時25分ごろ、神奈川県横浜市旭区さちが丘のアパートで物件を内覧中に、案内をしていた不動産会社の女性社員の背中などを包丁で刺し殺害しようとした上、現金数千円が入ったバッグや車の鍵を奪った疑いがもたれています。

女性はアパートから自力で脱出し救急搬送され、傷が肺まで到達する深い傷を負いましたが、命に別条はないということです。

西山容疑者は客を装いアパートを内覧した際に犯行に及んだとみられていて、犯行後は女性が案内に使った会社の車を奪い茨城県内の施設まで逃走しました。

25日夜、施設の職員に事件について話をしたということで、職員から警察に通報があったということです。

調べに対し西山容疑者は、「殺害し、金などを奪おうと思っていた」などと容疑を認めています。

スポンサーリンク

強盗殺人未遂罪の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

被害者が怪我を負った強盗致傷罪(強盗傷人罪)の場合、法定刑は「無期または6年以上の懲役」となります。

また、被害者が死亡するなどした強盗致死罪(強盗殺人罪)の場合、法定刑は「死刑または無期懲役」と定められています。

強盗殺人未遂罪の場合、上記で定めるように法定刑はあくまで「死刑又は無期懲役」となります。

しかし強盗殺人未遂罪の場合、通常は未遂減軽がなされることから、その場合には「7年以上の懲役刑」となります。

スポンサーリンク

今後の流れ

逮捕の後、どのような流れで進んでいくのでしょうか。調べてみました。

逮捕後流れ

引用:https://keiji-pro.com

逮捕された後は、刑事手続き後の刑事訴訟法に基づき、決められた流れで行われていきます。

逮捕後は警察による捜査が行われ、この期間は48時間以内と決められています。

捜査が終了すると検察に身柄が「送検(送致)」されます。

送検後、被疑者は検察からの捜査を受けますが、これは24時間以内と決められており、検察の捜査が終わるまで、最大72時間は家族であっても面会することができません。

事件が過失致死傷罪などであれば、拘束期間が短くなることもありますが、罪によっては拘束期間が長引くことも考えられます。

捜査が必要な場合は勾留期間が長引き、原則10日間という期間がさらに10日延び、最大20日間となります。

この期間を合わせた、最大23日の間に被疑者は起訴・不起訴の処分を受けます。

起訴を受けると、被疑者は刑事裁判を待つ被告人となり、身柄を拘束されたまま刑事裁判(判決)を待ちます。

スポンサーリンク

西山優希容疑者のプロフィール

名前:西山優希

年齢:24歳

職業:無職

住所:不定

西山優希容疑者の顔画像

西山

引用:https://www.youtube.com

犯行の動機

西山

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

今回の犯行について西山容疑者は、「殺害し、金などを奪おうと思っていた」などと容疑を認めています。

またある報道では、最初から家を借りるつもりはなかったと話していたと報じていましたので、最初から金銭目的だったことは間違いないようです。

案内していたのがもし男性だったら、不意をついても力でねじ伏せられる可能性があり、金品強奪の目的が頓挫していたかもしれません。

女性だったからこそ計画を実行に移したのかもしれません。

もしそうだとすれば、不動産会社を何件か梯子する予定だったことも考えられますね。

また、犯行現場まで車で移動していたことも計画の一部だったのでしょうか。

この事件については、こちらの記事でも紹介しています。

西山優希容疑者、顔画像!内覧中に殺人未遂?動機は?犯行現場を特定!

スポンサーリンク

事件についての新たな供述

西山

引用:https://www.youtube.com

西山優希容疑者は27日時点で、「新型コロナウイルスの影響で失業した。生活に困っていた」などと供述をしていることがわかりました。

昨年末から今年3月末まで、大阪府内の風俗店関連の仕事に就いていたとのことですが、「新型コロナの影響で店を辞めた」と話しているということです。

店を辞めた後は、土地勘のある横浜市内でネットカフェに宿泊していましたが、現金がなくなり路上生活をしていたとのこと。

逮捕当時、所持金はほとんどなかったということです。

スポンサーリンク

犯行現場

西山

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

今回の犯行が行われた場所は、「神奈川県横浜市旭区さちが丘のアパート」ということで、以下の辺りになります。

またTwitterなどの情報では、以下の場所が犯行現場とされています。

スポンサーリンク

世間の反応

今回の事件について、世間の反応を紹介します。

「刑務所なら金が無くても世話をしてくれる逃げ道と考えたんだろうね。間違っちゃいないけど考え方がヤバい。夏が終わるまでに自殺、他殺、窃盗や詐欺犯罪のオンパレードが毎日のように報道される可能性がある。今後は人の集まる所に車で突っ込んだり、小児の列に突っ込んだり、電車やバスの車内で刃物を振り回す奴が、いつ現れてもおかしくない状況になると思う。いや、既に報道されてないだけで発生してると思う。他人事と思わず用心した方がいい。感染も含めてまさか自分が~の被害と背中合わせの日本になるよ。

「5月後半、6月辺りが中小企業の限界を迎える所が増えると思う。このまま行けばね・・・今後は治安に十分気を付けなければならないとは感じます。」

「この手の犯罪はきっと増えてくるな。早急に手を打たないと、無差別な殺傷とかが起きる可能性は十分にある。」

「仕事中(内覧アテンド)に持ち歩くお金なんてたかが数万円。その為に恨みもない人を人を殺そうと思える時点で人間として終わってる。せめてひったくりとか、置引とか物理的に人を傷付けない方法を選ばないものか。」

「低リテラシーの民意と世界の動向を気にしすぎて対策が遅い政府が原因。治安悪化と自殺者増なんて何ヵ月も前から言われてる事。もっと治安が悪化すれば方向性が変わるのでは?逆に言うとこのままだと変わらない。」

「人を傷つけるのは言語道断、厳しく罰せられるべき。失業する人が増えると、当然治安も悪くなる。経済活動が早く再開しないと・・・」

「簡単に人を殺せるって、恐い。盗んだ金額はしれているはず。すぐ捕まるって分かるやろうに。逃げ切れるとは思ってないよね。世の中に何かメッセージを送りたかったのだろうか。」

「だいたい24歳で働いていて貯金も何もしてなくて、困ったから部屋の案内の間に強盗とか短略過ぎる。 何もかもコロナのせいにし過ぎ すべて身から出たサビじゃん。」

「コロナはウイルスとしての影響だけでなくこのような残酷な事件も引き起こす。恐ろしい」

「これから倒産や廃業増えてくるから失業者や犯罪・治安の悪化は確実に起きるだろうなぁ。。」

スポンサーリンク

終わりに

容疑者の供述からも今回の事件を、コロナウイルス関連の失業からくる犯行とみる意見が見られますが、今後そうした失業者が増えれば、「刑務所にいたほうが生きられる」と考える人も増えてくる可能性も無きにしもあらずです。

しかしだからといって犯罪に手を染めていいという理由にはなりませんが、現実は逼迫していることは確かです。

今後このような事件が起こらないためにも、いち早くもとの生活に戻ることを願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする