斎藤夏輝容疑者、女子高生にみだらな行為?川崎市小教諭。犯行の経緯、動機など

SNS

神奈川県警宮前署は23日、高校1年の少女(15)にわいせつな行為をしたとして、横浜市鶴見区の小学校教諭の男を、神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕しました。

今回はこの事件について、犯行の経緯や動機など調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

横浜

引用:https://travel.rakuten.co.jp

神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕されたのは、横浜市鶴見区上末吉で川崎市立小学校の教諭、斎藤夏輝容疑者(23)です。

斎藤容疑者は6月29日夜、神奈川県横浜市内にある少女の自宅で、みだらな行為をした疑いがもたれています。

斎藤容疑者は以前にも同様の行為をしていたとみられていて、大学4年だった昨年秋に、学生限定の会話アプリ「ひま部」を通じ、当時中学3年だった少女と知り合ったということです。

調べに対し斎藤容疑者は、「欲求を満たすためにやった」と容疑を認めているということです。

少女は別の事件でも被害に遭っていて、その事件の捜査から今回の事件が発覚しました。

スポンサーリンク

斎藤夏輝容疑者のプロフィール

名前:斎藤夏輝

年齢:23歳

職業:川崎市立小学校教諭

住所:神奈川県横浜市鶴見区上末吉

スポンサーリンク

斎藤容疑者の顔画像

斎藤容疑者の顔画像については、情報が入り次第更新していきます。

斎藤容疑者の勤務先

斎藤容疑者の勤務先については、現段階では報道にある「川崎市立の小学校」ということしかわかっていません。

会話アプリ「ひま部」とは

ひま部

引用:https://apps.apple.com

斎藤容疑者が少女と知り合うきっかけとなった、学生限定の会話アプリ「ひま部」とは、その名の通り、学生しか入ることのできないチャットトークコミュニティアプリです。

以下がアプリ紹介の冒頭文です。

\No.1 学生向けアプリ/

ひま部はNo.1 学生限定コミュニティです!

1日の投稿数は600万回を突破中!

中学・高校・大学生は絶対にダウンロード!

\ついに年齢確認開始/

安心&安全なプラットフォーム化を進めています!

お気づきの点がありましたらサポートまでご連絡ください!

\世界を広げよう!/

ひま部でかけがえのない友人を見つけましょう。人生最高の青春をあなたの手のひらで。

引用:https://apps.apple.com

アプリの紹介文の注意事項の欄には、出会い目的での利用、外部ID(LINEなど)の交換禁止や、年齢を偽っていた場合のアカウント凍結、または通報など、規定や基準などが厳しく設定されていて、安心して利用できるという内容のものとなっていました。

スポンサーリンク

犯行の動機

SNS

引用:https://oi-see.com

今回の犯行について斎藤容疑者は「欲求を満たすためにやった」と容疑を認めているということです。

斎藤容疑者は以前にも同様の行為をしていたとみられているということで、今回が初めてではないようです。

性欲を満たすためにやったということですが、少女でなければ満たされなかったということでしょうか。

スポンサーリンク

犯行現場

今回の犯行が行われた場所は、「神奈川県横浜市内にある少女の自宅」ということですが、自宅に上がっているということは同意があったということでしょうか。

スポンサーリンク

神奈川県青少年保護育成条例とは

SNS2

引用:https://www.huffingtonpost.jp

神奈川県青少年保護育成条例とは、青少年の健全な育成について基本理念を定め、県、保護者など県民の責務を定め、青少年を取り巻く社会環境の整備し、青少年の健全な育成を阻害するおそれのある行為を防止することで、青少年の健全な育成を図ることを目的とする条例となっています。

今回の刑罰は、条例の中でも一番重く、「第31条第1項の規定に違反した者は、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金」となります。

第31条というのは「青少年に対し、みだらな性行為又はわいせつな行為をしてはならない」というもので、今回の場合、それに違反しているということで、以上のような罰則になっています。

スポンサーリンク

終わりに

今回の事件、未成年にみだらな行為をしてしまったことはもちろん悪いことです。

しかし少女についても、以前に違う事件で被害に遭っていたことや、容疑者を家に上げていたたことなど、危うい行動をとっていたこともまた事実です。

今回以上の被害に遭っていた可能性もあります。

少女に限らず、今回のようなアプリを利用している方は、SNSでの出会いには十分に気をつけなければならないことを理解していただきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする