航空自衛隊F35戦闘機が夜間訓練中に消息不明!?墜落の可能性も

F35戦闘機

9日午後7時27分ごろ、航空自衛隊三沢基地所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが基地の東約135キロの太平洋上を夜間訓練飛行中にレーダーから消え、消息を絶つという事態が発生しました。

いったい何が起きたのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要

F

引用:https://www.nikkei.com

消息を絶ったのは、航空自衛隊三沢基地の第3航空団第302飛行隊に所属するF35Aで、三菱重工業が組み立てた国内で初めて製造された機体でした。

操縦を務めていたのは40代の3等空佐

9日午後7時ごろ、夜間戦闘訓練のため他の3機とともに三沢基地を離陸しました。

ところが約25分後、基地の東約135キロの太平洋上でレーダーから消え、連絡が取れなくなりました。

事前に異常事態の知らせはなく、救難信号も確認されていないといいます。

墜落の可能性もあり、空自などが救難機などで周辺を捜索しているとのことです。

これまでの事故歴は?

F35Aは米ロッキード・マーチン社製の1人乗りで、三沢基地に13機配備されています。

世界各国で配備が進められていますが、これまで国内で墜落した例はないといいます。

昨年9月に短距離離陸・垂直離着陸が可能なB型が米国で墜落しましたが、航空自衛隊に配備されているものと同型の通常離着陸型であるA型が墜落したことは、これまで一度もありません。

日本は今後、A型を計105機、B型を42機配備する方針でしたが、事故の原因次第では今後の配備計画に影響が出る可能性があるといいます。

戦闘能力の向上目的の配備

F35戦闘機

引用:https://mainichi.jp

F35Aは昨年1月に三沢基地に初めて配備され、今年3月26日に臨時飛行隊から第302飛行隊として編成されたばかりでした。

隊員約80人で、F35Aを13機配備。

近い将来、約20機の配備を予定していました。

昨年、旧型で能力向上が難しいF15戦闘機をF35戦闘機に入れ替え、追加で順次配備していく方針を固めたところでした。

さらに将来的には計147機体制となり、空自の戦闘機の半分を占める見通しを立てていました。

レーダーに探知されにくいステルス性能、高度なセンサーを備える機体でどのような任務を行うのか、訓練の状況などを踏まえ防衛省内で検討している最中だったといいます。

スポンサーリンク

航空自衛隊の見解

導入したばかりのF35Aがレーダーから消えたことに、防衛省幹部はショックを隠せない様子です。

岩屋毅防衛相は9日夜、取材に応じ「原因は不明だが、人命の救出に全力を尽くす」と捜索に総力を上げると述べています。

救助活動は夜を徹して続けられ、同型12機の飛行は当面見合わせるとしました。

2月に築城基地所属のF2戦闘機が、山口県沖の日本海に墜落する事故が起きており、運用に問題がなかったかなど、今回の件も踏まえ検証が求められます。

F35とは

F35a

引用:https://www.sankei.com

F-35 ライトニング II(英: F-35 Lightning II)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発した、単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機である。

開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(英: Joint Strike Fighter)の略称JSFで呼ばれる事も多い。

コンピュータによる情報統合を推し進めており、ヘルメットディスプレイによる360°視界まで実現している。電子装備の充実度はF-22を超える。

引用:https://ja.wikipedia.org

航空自衛隊に配備されているA型は、全長15.7メートル、幅10.7メートル。

最大速度はマッハ1.6で、レーダーに映りにくいステルス性能や高性能のセンサーなどを持ち、対地(歩兵、戦車など)・対艦(戦艦など)攻撃も可能です。

2016年に米空軍で初期運用能力を獲得し、実戦配備が可能になりました。

通常離着陸型のA型と、短距離離陸・垂直離着陸が可能なB型の他に、空母用のC型を含めた3機種があり、世界で10カ国以上が配備を検討する方針とされています。

戦闘機の種類

F4

引用:https://www.sankei.com

今回のF35ライトニングのように、戦闘機にはナンバーと愛称があり、戦闘機ファンであれば誰もが知るところでしょう。

代表的なところを紹介していきます。

F4:ファントム

F14:トムキャット

F15:イーグル

F16:ファイティング・ファルコン

F18:ホーネット

F22:ラプター

このように機能を向上させながら様々な機体が開発されてきました。

ちなみに「F」はFighter(戦闘機)を意味します。

この他にも、爆撃機なら爆撃を表すBomberの「B」で表され、第二次大戦で日本に原爆を投下した「B29:スーパーフォートレス」や、現在米軍で運用されている機種「B52:ストラトフォートレス」のように、その機体の機能や用途によって表記されるアルファベットと呼び名があります。

大戦時代の艦上戦闘機では、ワイルドキャット、ヘルキャット、ベアキャットなど、名称に「猫」がついている戦闘機が多いのも特徴です。

総称である「グラマン」といえばパッとイメージが沸くかもしれませんね。

スポンサーリンク

終わりに

消息不明とのことで、第一に操縦していた40代の隊員の安否が心配ですね。

どうして消息を断つ事態になったのか、捜索含め、今後の活動のためにも原因究明が急がれますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする