ジャパンライフが債務超過告げずに経営破綻。愛知県警など一斉捜査。

ジャパン

磁気治療器のオーナーになれば配当金がもらえるなどとうたい、約2,400億円の負債を抱えて経営破綻した「ジャパンライフ」について、警視庁ほか、愛知県警など6都県警は特定商取引法違反の疑いで、全国の関係先を一斉捜索することに乗り出しました。

どうしてこのような事態になったのでしょうか。今回はこの件について、調べてみました。

スポンサーリンク

問題の詳細

ジャパン

引用:https://www.sankei.com

ジャパンライフは一つ数百万円の磁石入りベストなどの購入を勧誘し、顧客が購入した磁気治療器を預かり、別の顧客に貸し出して年6%の配当を支払うというレンタルオーナー制度を展開していました。

関係者によると、債務超過の事実を告げずに勧誘し、新規契約者の入金を他の契約者への支払いに回す自転車操業を行っていたとされています。

ジャパンライフ社員は、顧客から財務状況を尋ねられた際には、黒字に偽装した決算書を提示し、さも経営が安定しているかのように装っていました。

遅くとも平成20年ごろから粉飾決算を続けていたとされています。

ジャパンライフについて

ジャパン2

引用:https://www.sankei.com

2017年の同社資料によると、全国78店舗、従業員約760人、顧客は高齢女性ら約7000人。

ジャパンライフは1985年、羽毛ふとんなどの委託訪問販売が「マルチまがい商法」と衆院委員会で指摘されました。

それから数年経ち2003年、磁気治療器のレンタルオーナー制度を開始しました。

消費者庁は2016年12月以降、取引に関する重要な事実を故意に告げずに勧誘したことなどが特定商取引法に違反するとして、4回の業務停止命令を勧告。

2017年12月に事実上倒産し、2018年3月に東京地方裁判所が破産手続きの開始を決定しました。

信用調査会社などによると、負債総額は2405億円(2017年3月末時点)に登っていました。

債権者集会で、同社が保有する不動産など財産は4億~5億円程度だと破産管財人が明らかにしました。

スポンサーリンク

創業者、山口隆祥・元会長  家宅捜査での様子

ジャパン3

引用:https://www.asahi.com

25日午前7時20分ごろ、東京都文京区の山口元会長宅に警視庁の捜査員4人が入りました。

約1時間後、捜索を終えた捜査員とともに山口元会長も外へ出てきました。

ストライプの入った紺色スーツ姿で、報道陣の質問には答えず警察車両に乗り込みました。

山口元会長は午前9時ごろには、同区内の別の住宅に捜索の立ち会いのために姿を現しました。

現場を後にする際にも再び報道陣に囲まれ、債務超過となった経緯などを問われましたが、無言のままでした。

捜索の対象でいうと、山口元会長の自宅の他に、全国の支店、関係先などおよそ30カ所が家宅捜索の対象となっていて、債務超過を隠して顧客を勧誘した特商法違反の疑いで、警視庁などは今後、経営実態の解明を急ぐ方針です。

被害者の声(一部、元社員の声)

ジャパン4

引用:https://www.sankeibiz.jp

被害女性

お金の増やせる方法ありますよ、と。1年で6%の利率でお返ししますって。お金返してほしい。若い時、さんざん働いて、ぜいたくもしないで、ためたお金。わたしの人生終わったなって気がした

家族で契約を結んだという山形県の農家の男性(59)

ずいぶんと時間がかかったが、実態解明に向け警察の捜査が動き出したのは良いこと。なんとかお金を取り戻したい

農業を営んでいた男性の両親は、20年ほど前に磁気治療器を購入。

男性と妻も5年ほど前にネックレスなどを購入してレンタルオーナーになり、両親は1億円以上、男性らも2000万円を投じたといいます。

男性「年6%の配当が魅力で退職金までつぎ込んだが、すべて水の泡。家計は火の車だ

福島県の無職女性(62)

貯金が底を突き、保険も解約した。すっかり身ぐるみをはがされた」と唇をかむ。

甘い言葉に乗せられてしまったが、許せない。被害者は泣き寝入りするしかないのか

また元社員は、「実際にお金が動いているだけで、商品はそんなに売れていない。どっかで回らなくなってしまうんじゃないかなと思っていました」と話していました。

スポンサーリンク

終わりに

今回の問題は、大きく報道されている部分としては、ジャパンライフの粉飾決算からの特定商取引法違反についてですが、一部報道によると、どうやら政府も絡んでいるのではないだろうか、という声も聞こえてきます。

内容が内容なだけに特記はしませんでしたが、気になる方は検索するとすぐに出てきますので、そちらを見ていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする