手紙2円値上げで84円に。はがきも値上げ63円へ

郵便

総務省は10月1日から、手紙(25グラム以下の定形郵便物)の郵便料金を値上げする方針を固めました。

これまでも値上げはありましたし、次期的に予想の範疇ではありますが、このことについてみていきましょう。

スポンサーリンク

値上げ額

郵便

引用:https://www.asahi.com

今回の方針決定で値上げが実現すれば、手紙(25グラム以下の定形郵便物)の郵便料金は2円値上げして84円に、はがきは1円値上げして63円になるとのことです。

値上げは手紙が5年半ぶり、はがきが2年4カ月ぶりになるそうです。

郵便料金の前回の値上げは、2014年4月の消費増税により手紙が80円から82円になりました。

今年10月からの増税分を上乗せすると83.52円となりますが、小数点以下を繰り上げして84円となります。

はがきは現在62円で、増税分を上乗せすると63.15円になりますが、手紙と同様に小数点以下を繰り上げて63円となるようです。

これまでも、はがきは2014年4月の消費増税で50円から52円になり、2017年6月には人手不足による人件費の上昇などを理由に62円に値上げされました。

現在の郵便料金については、総務省令で上限が82円と定められています。

そのため国民からの意見を集め、今夏にも省令を改正するとのことです。

その後、日本郵便がはがきとともに総務省に値上げを届け出る形となるでしょう。

反対意見が多い時はどうなるのか気になるところです。

値上げの要因

はがきに関しては前回値上げ時の要因として、人件費の高騰などが挙げられていましたが、今回は消費税率が10月に8%から10%に上がるため、増税分を上乗せするかたちになるようです。

これはどんな業界、製品問わず世の中がそうなっていることなので、いたしかたないことですね。

利用機会減る手紙

切手

引用:https://www.nikkei.com

ここ数年、特に年末の年賀状シーズンになるとよく耳にしますが、年賀状離れ(手紙含む)が進んでいるようです。

主な要因としては、メールや無料アプリのLINEなどの普及が考えられるでしょう。

そういったメディアの普及により、タッチ一つで簡単に新年のあいさつを行えたり、また画面上で自ら編集したオリジナルのメッセージを相手に送ることができるので、わざわざ住所を書いてはがきで送るといったことをしなくてもよくなってきているというのが事実のようです。

さらに今回の郵便料金の引き上げで、手紙離れにさらに追い打ちをかけることになるかもしれませんね。

自分の気持ちを相手に伝えるツールや手法が多様化していく時代で、手紙離れはこれからますます加速していくような気がしてなりません。

スポンサーリンク

ネットの反応

ツイッター上でも様々な意見が飛び交っています。

更にこんな声も。

なるほど、確かに手紙に関して言えば定形外料金もあるわけで、そちらの料金がどうなってくるのか気になるところではありますね。

更に更にこんな声も。

民営化したのが小泉政権時代ですからもう10年以上前になりますので、そう思う人がいてもおかしくはないでしょうね。

スポンサーリンク

終わりに

今回の意思決定により、郵便料金の値上げは現実に近づいてきていることになりますが、少し前に宅配業界も送料の見直しがあったように、配送にかかわる事業を行っている会社で配送料の値上げが実施されていることを考えると、郵便物の料金が上がるのも自然の流れなのかもしれませんね。

郵便利用者が減っているにもかかわらず、料金を挙げなければいけない日本郵便も大変だと思います。

今回報道された手紙とはがきの他にも、今後定形外やゆうパックなど郵便関係の価格変更が行われる可能性もあるので、動向に注目していこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする