永桶敬明容疑者、タクシー料金支払い拒否し運転手に暴行!【陸上自衛官】

自衛3

北海道警札幌南署は12日、タクシー料金の支払いを拒否し運転手を暴行したとして、強盗の疑いで札幌市南区南沢1の3の陸上自衛官、永桶敬明容疑者(33)を現行犯逮捕しました。

国家公務員たる者の今回の暴挙について、いろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

自衛

引用:http://www.news24.jp

12日午前0時50分ごろ、札幌市南区南35条西10の路上で、運賃を支払わずにタクシーを降り、追い掛けてきた男性運転手(43)を押し倒したり殴ったりして、運賃の支払いを踏み倒した疑いがもたれています。

運転手が110番し、駆けつけた札幌南署の警察官が永桶容疑者を取り押さえました。

運転手は軽い怪我を負い、病院で治療を受けたとのことです。

逮捕当時、永桶容疑者は酒に酔っており「タクシー運転手を殴る理由がない」と容疑を否認しています。

スポンサーリンク

永桶敬明容疑者のプロフィール

名前:永桶敬明

年齢:33歳

職業:陸上自衛隊

住所:札幌市南区南沢1の3

職場:(事件の発生現場から推察)陸上自衛隊真駒内駐屯地

自宅周辺は、丘の上にある閑静な住宅街という雰囲気です。

3丁目ということですので、地図でいうところの川を挟んで下の地区になりますね。

現在顔写真などは公開されておらず、特定に至りませんでした。

スポンサーリンク

犯行の動機

自衛2

引用:http://www.news24.jp

逮捕時、永桶容疑者は酒に酔っていたということで、事情聴取でも「殴る理由がない」と話していて、自分がやったことすらもよくわかっていないような状態だったようです。

かなり泥酔している状態だったのでしょうか。

もしかしたらタクシーに乗ったことすらも無意識だった可能性がありますね。

永桶容疑者にしてみれば、おそらく突然追いかけてきた人が、自分に金を要求しているといったぐらいの感覚だったのかもしれません。

自我を忘れて他人に手を上げるくらいの人なので、十分考えられますよね。

スポンサーリンク

犯行現場

自衛3

引用:http://www.news24.jp

今回の犯行現場は、札幌市南区南35条西10の路上ということで、報道の映像から以下の場所と特定しました。

犯行現場が赤で囲まれた辺りで、写真の川を挟んで右側がちょうど真駒内駐屯地になりますので、職場の官舎に帰るところだったのでしょうね。

スポンサーリンク

終わりに

国民を守るべき立場の人間が暴行事件を起こすことは言語道断だと感じます。

これから永桶容疑者には何らかの処分があると思いますが、紳士に受け止めて反省していただきたいですね。

あと、お酒の飲み方にも注意が必要ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする