須藤斎容疑者、顔画像!10歳の女児にわいせつ行為?動機は?犯行現場など

宇津木5

10歳の女児にわいせつな行為をしたとして、名古屋大学理学部准教授の男が、強制わいせつの疑いで逮捕されました。

今回はこの事件について犯行の動機や、犯行現場などについて調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

買春10

引用:https://keiji-pro.com

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、愛知県名古屋市緑区相川2丁目で、名古屋大学理学部の准教授、須藤斎容疑者(43)です。

須藤容疑者は昨年11月23日午前10時40分ごろ、愛知県名古屋市緑区内の駐輪場において、1人で遊んでいた女児(10)に対し、わいせつな行為をした疑いがもたれています。

調べに対し須藤容疑者は「欲求を満たすためにやった」と容疑を大筋で認めているということです。

スポンサーリンク

須藤斎容疑者のプロフィール

名前:須藤斎(すとういつき)

年齢:43歳

職業:

住所:愛知県名古屋市緑区相川2丁目

筑波大学第一学群自然学類卒。

筑波大学大学院地球科学研究科博士課程修了。

現在は名古屋大学大学院環境学研究科地球環境科学専攻准教授。

珪藻化石の調査・分類によって、過去の地球環境の復元と未来予測に取り組んでいるということです。

著書:『0・1ミリのタイムマシン』(くもん出版。2009年産経児童出版文化賞大賞受賞)

:『海底ごりごり 地球史発掘』(PHPサイエンス・ワールド新書)

スポンサーリンク

須藤容疑者の顔画像

須藤

引用:https://gendai.ismedia.jp

犯行の動機

宇津木5

引用:https://snjpn.net

今回の犯行について須藤容疑者は、「欲求を満たすためにやった」と容疑を大筋で認めているということです。

もともとそういった癖があったということでしょうね。

少女の怪我の有無やメンタル面が心配ですね。

詳細については、情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク

犯行現場

今回の犯行が行われた場所は、「愛知県名古屋市緑区内の駐輪場」ということで、以下の辺りと考えられます。

スポンサーリンク

強制わいせつの刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

強制わいせつ罪は、暴行・脅迫を用いてわいせつな行為をした場合に成立します。

刑法で「6月以上10年以下の懲役に処する」と定められていて、罰金刑がありません。

初犯で犯行内容が悪質でなければ、多くの場合執行猶予がつくそうですが、犯行内容が悪質だと判断されれば、即実刑判決が下されることもあります。

スポンサーリンク

世間の反応

今回の犯行についての世間の反応を紹介します。

「まったく、何をやっているんだ」

「事実なら論外。病気なので実刑が終了後は、生涯の監視と治療が必須」

「アホだな、せっかく准教授にまでなったのに人生台無しだ、情けない」

「こういった病的習癖は国立大教授といえど一般人と変わりなく存在するということ。名大理学部と言えば大学の中でも図抜けて優秀なところなんだが残念です。」

「家族や親戚にどれだけ迷惑がかかるかを考えないのでしょうか。」

「性癖は一生直らないので、こういった犯罪者は服役後も放置してはいけません」

スポンサーリンク

終わりに

この少女の心情を考えるとさぞ怖かったことでしょう。

一生心に傷を抱えることになってしまいましたね。

容疑者におかれましては、それがどれだけ罪深いことなのか、しっかりと認識していただきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする