樋口仁志、足立義則容疑者、顔画像!官製談合?動機は?刑罰は?丹羽市職員

談合2

兵庫県丹波市が発注する水道工事で、入札情報を漏らしたとして28日、丹波市水道部工務課の主査ら2人が、官製談合防止法違反などの疑いで逮捕されました。

今回はこの事件について、犯行の動機や、刑罰について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

談合

引用:https://www.s-mankan.com

官製談合防止法違反などの疑いで逮捕されたのは、兵庫県丹波篠山市畑市で、丹波市水道部工務課主査の樋口仁志容疑者(40)です。

また、この入札に参加した丹波市青垣町大名草で、建設会社「前田建設」役員の足立義則容疑者(49)は、公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕されました。

樋口容疑者は、老朽化した水道管を更新する工事の一般競争入札で、非公表の設計金額と直接工事費を足立容疑者に漏洩し、設計金額などからおおよそ推測できる最低制限価格の、5546万4000円で「前田建設」に落札させた疑いがもたれています。

樋口容疑者は工事の設計を担当しており、2人は過去に行われた別の工事の際に知り合ったとみられていて、情報漏洩に対する見返りについては、今後調べを進めるとのことです。

樋口容疑者は昨年12月にも、水道工事の公文書を改竄したとして、停職6カ月の懲戒処分を受けていました。

警察は現在、2人の認否を明らかにしていないということです。

スポンサーリンク

樋口仁志容疑者・足立義則容疑者のプロフィール

名前:樋口仁志

年齢:40歳

職業:丹波市水道部工務課主査

住所:兵庫県丹波篠山市畑市

名前:足立義則

年齢:49歳

職業:建設会社「前田建設」役員

住所:兵庫県丹波市青垣町大名草

スポンサーリンク

樋口仁志容疑者・足立義則容疑者の顔画像

樋口・足立両容疑者の顔画像については、現在公開されていないようです。

情報が入り次第更新していきます。

犯行の動機

談合2

引用:https://www.trouble-navi.net

今回の犯行について警察では、2人が容疑を認めているかどうかについて明らかにしていません。

動機についても、はっきりとしたことはわかっていません

動機があるとすれば情報漏洩したことに対して見返りがあったからと考えられますが、それについては今後捜査の対象となるということで、こちらもはっきりとしたことはわかっていません。

しかし、おそらくは何らかの形で樋口容疑者に対する見返りがあったのではないかと考えられます。

なにもないのに入札の情報を漏洩するというのも考えられませんので、何か損得感情が働いたか、あるいは先に接待を受けていたという可能性も考えられますね。

詳しくは情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク

丹波市長のコメント

丹波市は28日夜に記者会見を開き、その中で谷口進一市長は、

誠に遺憾。事件の詳細を把握し、厳正に対処していきたい

と述コメントを発表し、謝罪しました。

官製談合防止法違反の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

正式な名称は「入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律」。

公務員が関与する談合の再発を防止するために制定された法律で、「官製談合防止法」というのは略称とのことです。

事業者やその他の者に対し、談合を唆したり、予定価格やその他の入札に関する秘密を教示したりした場合、「5年以下の懲役又は250万円以下の罰金」に処されます。

公契約関係競売入札妨害の刑罰

刑法第96条の6に競売入札の妨害について示されていて、その内容は、

偽計又は威力を用いて、公の競売または入札で契約を締結するための公正性を害するような行為をした者は、「3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金、またはこれを併科する」となっています。

また、公正な価格を害しまたは不正な利益を得る目的で談合した者も、同様に罰せられるとなっています。

スポンサーリンク

世間の反応

今回の事件についての世間の反応を紹介します。

「良くある事。良くあり過ぎる事。罰をもっと重くしなきゃ。」

「田舎はこんなん多いやろ。職員の上司も対象にしないと官製談合を撲滅できん。知りませんでしたで通るならとかげの尻尾切りで終わる。」

「普通にありすぎてネタにも上がらないくらいのあるある。」

「田舎でしょ。あるやろ。何でばれたんかな」

「小悪党ってトカゲの尻尾だよね。」

「ぶっちゃけ予想つくよね。じゃないと予算組めないも( ・ω・)」

「無職になりたいの?」

「銭もろとるわ」

「やらざるをえないもんなあ。下っ端は、いつも損!」

スポンサーリンク

終わりに

今回の事件は一体どこから事件の一端を掴んだのでしょうね。

なんにしても不正に違いはありませんから、どの企業にたいしても行政は公正であってほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする