元KAT―TUN田口、大麻所持容疑で逮捕!同居の小嶺麗奈も!

田口

大麻を自宅で所持していたとして関東信越厚生局麻薬取締部は22日、人気アイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバーで会社経営の田口淳之介(33)=東京都世田谷区=と、同社員の小嶺麗奈(38)の両容疑者を大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕したと発表しました。

これまで何かと世間を騒がせたKATーTUNの元メンバー達ですが、新たに起こった今回の問題について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

田口2

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

麻取部が22日に、2人が同居する世田谷区の自宅と田口容疑者が所持する車の家宅捜索をしたところ、乾燥大麻が見つかり、その場にいた2人を現行犯逮捕しました。

部屋には乾燥大麻が公然とした状態で置いてあったため、2人の共有物として認識していたと麻取部はみている。

それと合わせて、吸煙用とみられる巻紙など、乾燥大麻を細かくするグラインダーという器具のほか、2人のスマートフォンなどを押収。

麻薬取締部は、大麻の入手ルートを調べるとしています。

現在のところ、大麻以外の違法薬物は見つかっていないといいます。

田口淳之介・プロフィール

田口3

引用:https://www.asahi.com

田口淳之介は1985年11月29日生まれ。

神奈川県出身、射手座、AB型。

99年にジャニーズ事務所に入所。

2001年のKAT―TUNの結成メンバーで、2006年に「Real Face」でCDデビューした。

映画「模倣犯」、テレビドラマは2007年フジテレビ「花嫁とパパ」、2007年日本テレビ「有閑倶楽部」、2011年テレビ朝日「犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜」などに出演。

2012年の堺雅人主演ドラマ「リーガル・ハイ」では、堺演じる古美門のスパイ・加賀蘭丸を演じました。

2014年には舞台「フォレスト・ガンプ」で初の単独主演。

2016年3月にグループを脱退し、事務所も退社。 同じ年の11月に、ソロデビューしました。

2017年2月14日、レコード会社との専属契約成立と4月のメジャーデビューを発表しました。

メジャー1stシングルは「Connect」。

今月3日には、岩手県平泉町であった春の藤原まつり「源義経公東下り行列」に義経役として参加していました。

小嶺麗奈・プロフィール

小嶺

引用:https://www.asahi.com

小嶺麗奈は1980年7月19日生まれの38歳。

熊本県出身、AB型。

中学生の時に、篠山紀信の写真集『少女革命』のモデルに選ばれました。

中学卒業後の1995年に上京。

芸能事務所スペースクラフトに所属し、映画『水の中の八月』でデビュー。

同年の1995~2011年に人気ドラマシリーズ「3年B組 金八先生」に広島美香役で出演したほか、1996年にドラマ「イグアナの娘」に出演。

主演で青島リカ役の菅野美穂さんのライバル・橋本かをり役として好演しました。

本格的に女優を目指すため、その後バーニングプロダクションに移籍

翌年にディスカバリー・エンタテインメントに所属し、後に退所しています。

2012年2月公開の映画『ボレロ』に出演しました。

2人の供述の食い違い

田口

引用:https://news.goo.ne.jp

関係者の話によると、2人が厚生労働省麻薬取締部の調べに対し容疑を認めているものの、田口容疑者は「大麻は2人のものです」と説明しているのに対し、小嶺容疑者は「大麻はわたし1人のものです」と話し、2人の供述に食い違う点があるといいます。

前述の通り、2人の部屋からは乾燥大麻数グラムに加え、大麻を吸引するための器具も見つかっていることから、供述の食い違いの他、今後さらに詳しく捜査が進められるでしょう。

スポンサーリンク

関係各所への影響

午後4時39分に田口容疑者逮捕のニュースが流れた後、関係各所が対応に追われました。

ABCラジオ「田口淳之介の電波工作~電フェス!~」は、6月1日の放送中止が決定。

番組公式ツイッターで「放送を見送らせてもらいます」と発表。

1~3月にレギュラー放送され、ファンにとって待望の特番でした。

18日には大阪市内で公開収録が行われていました。

また、7~9月に予定していたソロツアーの中止も決定的で、7月5日の埼玉公演を始めに9月19日まで(17か所21公演)予定されていましたが、中止も避けられない状況です。

19日にチケットが一般発売が開始されたばかりでした。

開幕まで2か月を切っており、ツアー開催に向けてグッズ制作にも取りかかっていたとみられています。

大手旅行代理店がファンクラブ限定のオフィシャル宿泊プランも企画していたようで、すでに応募、支払期間ともに終了しているとのことです。

会場費やチケットや払い戻し、またファンクラブ会員の解約対応などを含め、損害は総額1億円以上に膨れ上がるとみられています。

田口容疑者は、熊本市の食材をPRする「熊本ふれんず応援大使」を解任されることも決定的です。

逮捕の知らせを受けた同市の担当者は「事実関係を確認中ですが、辞任という方向になっていくと思います」と明かしました。

大西一史市長が23日の定例会見で言及する予定だといいます。

田口容疑者は神奈川県出身ながら、小嶺容疑者が熊本県出身。

2016年の熊本地震発生時、県内に滞在していたことがきっかけとなり任命されたそうです。

田口容疑者の公式ホームページも、逮捕報道から約1時間後にはトップページのみ「只今、準備中です」というメッセージが掲載されたものに差し替えられたそうです。

発売中だったデジタル写真集「A Man」(文芸春秋)も、販売サイトが削除されていて、6月15日には都内で発売記念イベントが開催予定だったとのこと。

人気者の突然の逮捕劇に、関係各所は対応に追われているようですが、その損害に大きく影響をもたらしたことは間違いないようです。

ネットの反応

と今回も様々な意見がツイッター上には飛び交っていますが、今回は本当にいろんな意見がありました。

田口容疑者容認の声や、法律の問題、経産省官僚の覚せい剤使用問題などなど、もちろん田口容疑者に対する批判的な声もありましたが、全体的に見ると、世の中の声がなんとなく明るく感じました。

それだけ田口容疑者が人気者で、これまで行ってきたことの功績が大きかったということでしょう。

スポンサーリンク

終わりに

今回は田口・小嶺両容疑者の大麻使用問題について調べてみましたが、先のピエール瀧さんの件といい、芸能界に薬物が蔓延していることは間違いないようです。

田口容疑者を養護したくなる気持ちもわからなくありませんが、薬物使用は犯罪です。

これを機に薬物の根絶にまた一歩、近づいたことを願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする