川崎市で小学生らが刺される通り魔事件が発生!犯人は死亡!

川崎5 国内ニュース

5月28日午前7時40分ごろ、神奈川県川崎市多摩区登戸新町の公園近くの路上で、男が近くのカリタス小学校(多摩区)のスクールバスを待っていた児童らを次々と刃物で刺すという事件が発生しました。

今回はこの事件について、被害に遭った児童や、犯人の人物像など、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

事件の詳細

川崎4

引用:https://www.fnn.jp

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の公園近くで、スクールバスを待っていたカリタス小学校の児童や大人19人を、刃物を持った男が次々と刺す事件が発生しました。

刺された19人のうち、小学6年生の女の子(11)と男性(39)が死亡しています。

死亡した男性は、現場に居合わせた児童の父親と見られていて、他に女の子2人と40代の女性が重傷だといいます。

犯人の男は身柄を確保されましたが、自ら首を刺し自殺を図っており、搬送先の病院で死亡しました。

事件が発生したのは、登戸駅から西に約200メートルの登戸第一公園の近くで、カリタス小学校からは約1.3キロ離れた場所にあります。

公園前には同校のスクールバスのバス停があり、登校時間帯に事件が発生したといいます。

事件を目撃したバスの運転手によると、男は両手に刃物を持って近づき、バスに乗り込もうとしていた児童らを次々に刺したとのこと。

運転手が「何をやっているんだ」と声を掛けると、男は走り出し、数十メートル先で自らを刺したといいます。

この間、たった数十秒だったということです。

現場には犯人のものと思われるリュックサックが残されており、落ちていた2本の包丁の他に、中からはさらに2本の刃物が見つかっています。

 

事件発生の場所

現場は、JRや小田急線が乗り入れている登戸駅から北西に約250メートル離れた住宅地の一角で、周辺には学校や病院も建ち並んでます。

川崎2

引用:https://www3.nhk.or.jp

この公園の近くには、現場からおよそ1.3キロ離れたところにあるカリタス小学校のバス停があり、事件が起きた時間は児童の登校時間帯だったということです。

 

被害に遭った人は?

川崎3

引用:https://www.fnn.jp

小学生17人と大人の男女2人、合わせて19人が切りつけられ、このうち東京都多摩市に住む小学6年生の栗林華子さん(11)と、東京都世田谷区に住む外務省職員の小山智史さん(39)の2人が死亡しました。

小山さんは、現場にいた子どもの父親と見られるということです。

栗林さんと小山さんはいずれも首に刃物による深い傷がありました。

小山さんは首のほか、肩や背中にも傷があり、児童を守ろうとして背後から襲われた可能性があります。

他の17人も刃物で切り付けられた傷が、頭や肩など上半身に集中していたとのことです。

 

犯人の人物像

zip

引用:日本テレビ「ZIP」より

今回の事件の犯人は、川崎市麻生区に住む岩崎隆一(51)容疑者と判明しました。

男の容姿は、丸刈りで眼鏡をかけ、黒いシャツとズボンを着用していたといいます。

小田急線の登戸駅から3駅目の読売ランド駅近く、川崎市麻生区の住宅街の一軒家で高齢の伯父夫婦と3人暮らしをしており、近所とトラブルを起こすこともあったといいます。

岩崎の自宅付近では、事件を起こす直前の姿を目撃したと近隣住民が証言しています。

「朝7時頃、ゴミ捨てに出たときに向こうから挨拶された。黒のジーンズに黒のポロシャツ、黒のリュックと全身黒ずくめの服装で、駅の方向に走りながら、何食わぬ顔で『おはようございます!』と声を掛けてきたので、こちらも挨拶をした。表情は普通に見えた。」

さらに同じ住民が続けます。

「前回会ったのは去年の今頃の時期。私の家の庭に生えている木が目に入ると、朝6時頃に文句を言いにきた。すごい剣幕で、夫と30分くらい口論していた。その後、近所の方にどういう人なのか聞いたら、『変わっているから距離を置いている』などと話していたので、私たちも関わらないようにしていた」

岩崎容疑者は現在の家に、30年以上前から住んでいると周辺住民は証言しています。

会社員だった伯父と専業主婦の伯母と一緒に暮らしていて、一時は仕事もしていたようですが、最近は夜に出歩くなど、何をしているか分からない状態だったといいます。

 

スポンサーリンク

 

川崎市のコメント

川崎市

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

川崎市職員は、「今後、市として事件の内容を確認し、被害に遭われた方々への支援を行うとともに、市民生活の安全確保に向けて取り組んで参ります

川崎市は事件を受け、市の消防局や教育委員会の幹部らが緊急で記者会見を開いています。

会見では児童の安全確保のため、夕方以降に学校の見回り体制を強化することなどを明かしました。

学校側の対応

カリタス

引用:https://www.fnn.jp

カリタス小学校を運営する学校法人カリタス学園の高松広明事務局長は、「児童に申し訳ない気持ちです」とコメント。

学園が運営する小学校と幼稚園は休校にし、中学校と高校は午前中で生徒を下校させました。

カリタス小学校では、登戸駅近くのバス停から学校に向かうスクールバスを毎朝7時すぎから約6便運行していて、去年からは学年ごとに乗ることができるバスを分けていたとのことです。

登戸駅を利用する教員は、駅からバス停まで児童たちに付き添い一緒に通学していて、バス1台ごとに1人もしくは2人の教員が同乗していたということです。

小学1年生の場合は、通学に慣れる5月まで保護者がバス停まで見送りに来るケースも多いということです。

 

関係者・現場近くにいた人々の声

川崎5

引用:https://www.fnn.jp

亡くなった栗林華子さん(11)の近所に住む女性は「華子さんは会うといろんな話をしてくれるかわいい子。最近は学校から帰ってくる様子を見ているだけだったが、事件に巻き込まれたと聞いてショック」と話しています。

また「両親とも毎日あいさつを交わす仲。両親の気持ちを思うととてもいたたまれない」と話していました。

保護者の女性は「わたしの子どもは被害にあったバスの1便前に乗って通学していた。いつもは穏やかな通学の際にこのような事件が起きたことが信じられない」と話していました。

近くに住むタクシー運転手の男性(52)は、自宅の外に出たところ、警察が規制線を張るところで、「すぐ近くのコンビニ前で何人も倒れていた。血まみれで仰向けになった大人もおり、救急隊員が心肺蘇生をしていた。小学生らしい半ズボンの男の子も運ばれていった」

また、「うちの子が見当たらない」と捜している母親や、ランドセルを背負ったままおびえている小学生もいたといいます。

「登戸は平和な街で、こんな事件が起こるとは思っていなかった。どんな理由があっても犯人が許せない」と男性は憤っています。

近くに住む他の男性は「バス停の前で1人の女性が倒れているのを見た。いつも多くの人が利用する場所なので、とても怖い」と話しました。

同じく近くに住む女性(64)は「バス停の前にオレンジ色のテントが張られていて、人が運び込まれていくのを見た。バス停に並んでいた人々が襲われたとの話も聞いた」と話していました。

近くにあるローソンストア100登戸新町店の北原貞男店長(60)は、「朝8時ごろ出勤したら、パトカーと救急車が集まっていて何事かと思った。従業員に見に行ってもらったが、規制線があって様子がわからない。どう対応したらいいのか」と話しました。

近くの自営業男性は、現場にいた児童の姿が「何があったかわからないような、びっくりした表情だった」と語っていました。

 

カリタス小学校

カリタス小学校は、神奈川県川崎市多摩区にあるカトリック系の私立の小学校(日本カトリック学校連合会加盟校)で、児童数646人。

男女共学ではありますが、女子児童のほうが多いとのこと(男子69人 女子577人)。

系列校は、カリタス幼稚園、カリタス女子中学・高等学校、カリタス女子短期大学(2017年に閉学)。

カナダのケベック・カリタス修道女会の3人のシスターが1953年に来日し、61年に中学・高校、62年に幼稚園、63年に小学校、66年に短期大学を設立。

幼稚園から短期大学までの一貫教育を行ってきました。

カリタスとはラテン語で「愛」を意味し、人を分け隔てることなく大事にする心で、子どもたちがこの「カリタス」の心を学ぶことで幸せな人生を歩み、社会に「カリタス」の心を伝えていく使命を果たす者となるようにとの願いが込められた校名です。

 

スポンサーリンク

 

終わりに

多くの小学生が巻き込まれ痛ましい事件となった今回の事件。

何の罪もない子どもたちがなぜこのような目に合わなければならなかったのか、憤りを覚えますが、犯人死亡というなんとも言えない結末となっています。

今後、犯行動機などさらに詳しく捜査が進められるでしょう。

 

コメント