森貴志容疑者、車止め暴行!「ぶつかりそうで腹たった」傷害容疑【国立市】

国立

今年7月、東京都国立市で乗用車を運転中に、隣の車線を走っていた車を止めさせ、運転手の男性を殴ってけがをさせたとして、53歳の男が傷害の容疑で警視庁に逮捕されました。

繰り返される交通トラブルですが、今回はこの事件について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

国立3

引用:https://www3.nhk.or.jp

今年7月、東京・国立市で乗用車を運転中に、隣の車線を走っていた車を止めさせ、運転手の男性を殴ってけがをさせたとして、53歳の男が傷害の疑いで警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、神奈川県横浜市金沢区の職業不詳、森貴志容疑者(53)です。

森容疑者は今年7月、東京都国立市谷保の交差点で乗用車を運転中、隣の車線を走っていた軽トラックの前に割り込み止めさせ、運転手の60代の男性を殴り2週間のけがを負わせたとして、傷害の疑いが持たれています。

現場の道路は3車線あり、森容疑者の乗用車は真ん中の車線を、被害者の軽トラックは右側の車線を走っていたということです。

調べに対し森容疑者は容疑を認め、「相手の車がぶつかってきそうになったので腹が立った」と供述しているということです。

スポンサーリンク

森貴志容疑者のプロフィール

名前:森貴志

年齢:53歳

職業:不詳

住所:神奈川県横浜市金沢区

顔写真については特定に至りませんでしたので、公開され次第更新していきます。

スポンサーリンク

犯行の動機

国立2

引用:https://www3.nhk.or.jp

今回の犯行について森容疑者は、「相手の車がぶつかってきそうになったので腹が立った」と供述し、容疑を認めているということです。

確かにぶつかりそうになれば、ヒヤッとしますし、腹が立つこともあるかもしれません。

しかしぶつかりそうになったくらいで殴るのはやり過ぎですね。

今回もそうですが、巷では交通トラブルが問題視され、これから罰則が強化され規制が厳しくなるとも囁かれています。

もっと穏やかな気持ちで運転をしないと、今後はすぐに警察沙汰になることも考えられます。

スポンサーリンク

犯行現場

国立

引用:https://www3.nhk.or.jp

今回の犯行が行われた場所は、「東京都国立市谷保の交差点」ということですが、報道の映像と照らし合わせた結果、以下の場所と特定することができました。

現場は「ローソン国立インター店」のすぐ目の前のようです。

スポンサーリンク

傷害罪の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

通常、暴行された人が怪我をしなかった時は「暴行罪」となりますが、今回の場合、森容疑者が殴ったことで相手が怪我をしていますので、怪我をしてしまった時は「傷害罪」となります。

法定刑は刑法第204条により、刑罰は15年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

スポンサーリンク

終わりに

先程の述べましたが、これからあおり運転や、交通トラブルの規制が厳しくなってくると些細なことも罰則の対象となっていくでしょう。

これほど多くの交通トラブルが後を絶たないということを考えると致し方ないことなのかもしれませんが、そんな世の中になってしまうことが悲しいですね。

森容疑者におかれましては、今後運転するにあたり、今回のようなことを二度と起こさないでいただきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする