林翼容疑者、高松地検の検察官宛に獄中から脅迫状?脅迫容疑【香川県】

脅迫5

香川県警高松北署は30日、高松地検の男性検察官に「命を狙うぞ」などと書いた脅迫文を送ったとして、高松市円座町の男を脅迫の疑いで逮捕しました。

男はなぜこのようなことをしたのでしょうか。いろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

脅迫

引用:https://keiji-pro.com

脅迫の疑いで逮捕されたのは、高松市円座町の無職、林翼容疑者(34)です。

林容疑者は11日と17日の2回、服役していた愛媛県東温市の松山刑務所内から命を狙うぞ」「死ぬほど、後悔させてやるぞ」と書いた文書を、男性検察官の名前入りで高松地検に郵送し、男性検察官に閲覧させ脅迫した疑いがもたれています。

林容疑者は30日に出所し、東温市で逮捕されたということです。

調べに対し林容疑者は、「脅すつもりはなかった」と容疑を否認しているとのことです。

スポンサーリンク

林翼容疑者のプロフィール

名前:林翼

年齢:34歳

職業:無職

住所:香川県高松市円座町

スポンサーリンク

林容疑者の顔写真

顔写真については情報が入り次第更新していきます。

犯行の動機

脅迫2

引用:https://www.bengo4.com

今回の犯行について林容疑者は、「脅すつもりはなかった」と容疑を否認しているとのことです。

イタズラのつもりだったということでしょうか。

だとしたら冗談では済まされないことをしましたね。

もしかしたら、被害を受けた検察官は、林容疑者を起訴した検察官だったのかもしれませんね。

林容疑者は容疑を否認しているということですが、多少なり逆恨みはあったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

犯行現場

松山

引用:https://www.sankei.com

今回の犯行が行われた場所は、「愛媛県東温市の松山刑務所内から」ということで、以下の場所になります。

住所:〒791-0211 愛媛県東温市見奈良1243−2

スポンサーリンク

刑務所側のコメント

松山刑務所では通常、外部へ送る郵便物については、内容を確認し、不適切な内容だと判断した場合は書き直しや削除をさせているとのことで、林容疑者の文書については「香川県警の捜査に関わる」とコメントしていません。

なぜこの文書が不適切ではないと判断されたのか、疑問が残ります。

スポンサーリンク

脅迫罪の刑罰

脅迫5

引用:https://legalus.jp

脅迫罪は、刑法222条に「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者」とあります。

生命「殺すぞ」「息子を殺すぞ」

身体「殴るぞ」「怪我じゃすまないぞ」

自由「息子をさらうぞ」「帰れなくしてやる」

名誉「さらし者にしてやる」「世間に公表してやる」

財産「家を燃やすぞ」「飼っている犬を殺すぞ」

このように発言することにより、脅迫罪が成立します。

刑罰は「2年以下の懲役又は30万円以下の罰金」となっていて、脅迫罪でも懲役刑を受けてしまうこともあり得るのです。

しかし初犯で悪質でない場合には不起訴となることもあり、起訴されても罰金刑がほとんどということです。

スポンサーリンク

終わりに

容疑者の真意は不明ですが、冗談でも受け取った側の受け取り方次第では、冗談ではなくなってしまいます。

受け取り方の違いは人それぞれですから、十分に気を付けていただきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする