【京都府向日市】女性遺体発見!橋本・余根田、両容疑者を逮捕!

テープ

6月11日、京都府向日市にあるアパートの駐車場で、全身に粘着テープが巻かれた女性の遺体が発見されました。

犯人も逮捕されているようで、事件現場や、犯人の名前も公開されていましたので、この事件について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

テープ

引用:http://www.news24.jp

6月11日午前11時ごろ、京都府向日市にあるアパートで、近隣の住民から「異臭がする」と通報がありました。

警察が駆けつけたところ、アパートの駐車場で前進に粘着テープが巻かれた女性の遺体が発見されました。

腐敗が進んでいたようですが、目立った外傷はないとのことです。

警察が近くにいた男2人に話しを聞いたところ、遺体を部屋から運び出し、駐車場に遺棄したことを認めたため、逮捕しました。

警察は3人の関係や、女性が死亡した経緯についても調べを進める方針です。

事件現場

テープ

引用:http://www.news24.jp

事件の現場となったのは、京都府向日市で、阪急京都線西向日駅の南約600メートルの住宅街。

現場アパートの住所は、〒617-0006 京都府向日市上植野町薮ノ下10−1とのこと。

スポンサーリンク

逮捕された2人の男

テープ3

引用:http://www.news24.jp

逮捕されたのは、職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)と、向日市職員でケースワーカーの余根田渉容疑者(29)です。

警察が近くにいた2人に話を聞いたところ、部屋から遺体を運び出したことをほのめかしたことから、逮捕にいたりました。

余根田容疑者は、市役所で生活保護を扱う部署に在籍するケースワーカーで、橋本容疑者を担当していたとのことです。

橋本容疑者の住む部屋の真上にある2階の部屋は、余根田容疑者の名義で借りられ、2人は「この部屋から遺体を運び出した」と供述しています。

その他、現在の状況

現場検証に立ち会った大家さんの親族によると、アパートの階段付近には、遺体を運ぶ途中でついたとみられる血の痕が残っていたとのことです。

現在、橋本容疑者と交際していた40代の女性と連絡が取れていないことから、遺体がその女性である可能性があるとみられています。

橋本容疑者は、その女性に対する傷害をほのめかす供述をしているということです。

今後さらに詳しく捜査が進められるでしょう。

スポンサーリンク

終わりに

今回は、これまでわかっている犯人の名前や事件現場について調べていきました。

この女性と2人の容疑者にはどのような関係があったのでしょうか。

これから捜査が進められ、さらに詳しいことが解明されて行くことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする