ミスド元バイトの男が不適切動画を投稿!身元特定・顔画像公開

ミスド

ミスタードーナツ門司駅前店(北九州市門司区)で、30年前にアルバイトをした男性が調理場に入り、ドーナツを作る器具に触る様子などを動画で撮影していたことが21日わかりました。

またもや飲食チェーンでの不適切行為が発生してしまいましたが、今回はこの件について、関係した人物の身元など、調べてみました。

スポンサーリンク

問題の詳細

ミスド

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

ミスタードーナツ事業本部によると、男性は17日、客として店を訪れ、店長が他の客の対応をしている間に勝手に調理場に入り動画を撮影していました。

動画はインターネット配信で生中継された後、動画投稿サイトにも掲載されたといいます。

動画には調理器具や材料のチョコレートを触るように見える場面が映っていて、食材を舐めたという情報も。

18日に顧客からの指摘で発覚した後は食材の一部を廃棄し、19日に一時営業を停止して店内を清掃しました。

男性は30年ほど前に同店でアルバイトをしており、当時は現在の店長と同僚だったといいます。

なお、最初の投稿は既に削除されていたが、他の動画サイトに拡散されているようです。

動画を撮影した人物・神田秀実とは

今回の問題があった動画を撮影したのは、ひでママという愛称で呼ばれる、神田秀実(かんだひでみ)さんです。

ネット芸人という噂?もありますが、タレントさんではないようです。

名前と住所以外ほとんど情報が公開されていませんでした。

ツイキャスの配信者でもあるようです。

資金援助をお願いしたりしていることから、なにかクラウドファウンディング的なこともやっているのでしょうか。

顔写真はこちらです。

ツイッターアカウントは以下の通りです。

(@bar_hiderin)

運営側(店・関係者)のコメント

ダスキンは5月21日、北九州市の「ミスタードーナツ門司駅前ショップ」で、元アルバイトが撮影した不適切動画がSNSに投稿されたことを受け、お詫びを発表しました。

事業本部の広報担当者は「部外者の立ち入り禁止を全店舗へ徹底し、男性へは法的措置も検討している」と話しています。

店長は、撮影には気づいていたが「先輩だったので止められなかった」と話しているとのことです。

合わせて運営側は、今回の事件について重く受け止め、信頼回復のため、部外者の入室ルールの徹底、従業員の再教育と管理体制の強化を行い、再発防止に向けて指導するとしています。

スポンサーリンク

問題のあったミスドの場所

問題のあった「ミスタードーナツ門司駅前ショップ」の場所は以下の通りです。

住所:〒800-0025 福岡県北九州市門司区柳町2丁目2−26

ネットの反応

今回もツイッター上の反応を見てみました。

https://twitter.com/onishokosuke/status/1130802658397155330?s=19

と、全体的にひでママ批判と、厨房入室を許した店長への批判が中心となっていました。

イメージダウンの原因ですからそれも当然のことでしょうね。

スポンサーリンク

終わりに

不適切行為がなかなか無くならないこの頃ですが、またも同じような問題が起こってしまいましたね。

そのお店のブランドイメージが大きく損なわれたことは間違いないでしょう。

もっと厳しい厳罰が必要なのでしょうか。

悲しいですがそうせざる負えない状況に、世の中がなってきているのかもしれませんね。

消費者としては、いち早く安心して利用できる環境を取り戻してもらいたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする