小川裕気容疑者、顔画像!元警察官が住居侵入?動機は?盗撮目的か

盗撮10

愛知県名古屋市内の住宅に忍び込み、入浴中の女性を盗撮したなどとして逮捕された26歳の元警察官の男が、一宮市内の住宅にも盗撮目的で忍び込んだうえ、さらに現金を盗んだ疑いで再逮捕されました。

今回はこの事件について、犯行の動機や経緯について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

小川

引用:https://www3.nhk.or.jp

住居侵入と窃盗の疑いで再逮捕されたのは、愛知県名古屋市西区比良の元警察官、小川裕気容疑者(26)です。

小川容疑者は一昨年9月から去年6月にかけて、一宮市の住宅の敷地内に、入浴中の25歳の女性を盗撮しようとして忍び込んだほか、室内から現金約1万3000円と携帯電話1台を盗んだとして、住居侵入と窃盗の疑いが持たれています。

小川容疑者は名古屋市西区の住宅の敷地内に忍び込んだとして去年11月に逮捕され、その後、別の住宅の敷地内に忍び込み、浴室の窓から入浴中の女性を盗撮したとして再逮捕。

その際盗撮に使われた携帯電話から複数の女性の裸の写真が見つかったことから警察が捜査していたところ、今回の容疑が浮上したということです。

今回で3度目の逮捕ということで、小川容疑者は調べに対しいずれも「間違いありません」と容疑を認めているということです。

小川容疑者は警察官だった4年前、住宅に侵入して20代の女性の体を無理やり触りけがをさせた罪などで有罪判決を受けましたが、今回その罪の執行猶予中の身でした。

スポンサーリンク

小川裕気容疑者のプロフィール

名前:小川裕気

年齢:26歳

職業:無職(元警察官)

住所:愛知県名古屋市西区比良

スポンサーリンク

小川容疑者の顔画像

小川

引用:https://www3.nhk.or.jp

犯行の動機

小川

引用:https://www3.nhk.or.jp

今回の犯行について小川容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めています。

しかし動機については、はっきりとしたことはわかっていません。

今回で3度目の逮捕ということで、前の犯行を犯した時から反省していなかったということでしょう。

また、盗撮などの一種の「性癖」はなかなか治すことができないという話しを聞いたことがありますから、今回の事件もおそらくその性癖が原因だったのではないかと考えられますね。

スポンサーリンク

犯行現場

今回の犯行が行われた場所は、「一宮市の住宅の敷地内」ということで、以下の辺りになります。

また他には「名古屋市西区の住宅」にも忍び込んでいたということです。

時系列としては、一宮の住宅に忍び込んだのが一昨年9月から去年6月にかけて、その後名古屋市西区で犯行に及びましたが、先に名古屋市西区の犯行について逮捕されたようです。

スポンサーリンク

住居侵入と窃盗の刑罰

盗撮10

引用:https://keiji-pro.com

住居侵入罪

住居侵入罪、建造物侵入罪の法定刑は、3年以下の懲役または10万円以下の罰金が課せられます。

また住居侵入罪、建造物侵入罪については未遂も同じ量刑で罰せられます

窃盗罪

窃盗罪は、他人の物を許可なく盗むことで成立する犯罪です。

刑罰は、10年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

刑罰には種類や幅があり、犯罪の性質、被害者の感情、反省の有無などを含め、裁判官が刑を決定します。

過去の有罪判決のうち、約88%が懲役刑残り12%が罰金刑となっており、懲役刑が圧倒的に多くなっています。

スポンサーリンク

世間の反応

今回の犯行について、世間の反応を紹介します。

「頑張って厳しさを乗り越えて警察官になっただろうにこんな事件を起こして犯罪者。刑期を終えたとしてももうまともな仕事につけないだろう。自分だけでなく親族も不幸にしてしまった。」

「全国の真面目に勤務してる警察官に謝れ!こんなのがいるから色眼鏡で見られたり威厳を失い職務に影響したりすることもあると思います。(威張っていいということではないですが)」

「元警察官も就職してからうつ病か心の病いにかかってなかったか?心労で気が触れて誤ちを犯した人を見てきたから。心の病なんてすぐ誰でも起こりうることですからね。
指導という名のパワハラ、モラハラでおかしくなった方を見るたび指導力、指導ってなんなのって思う。ただ素行が悪かっただけなら、こっちも考えさせられる。」

「殺人犯した元警官もいる事はいましたが、覗きか泥棒かどちらか一つだと更生出来るかもって思うが、これはまあ再犯率高いね。」

「これだけ警察官の性犯罪、窃盗が多いと、もう、警察官だからと言って、信用に値する人物だとは誰も思わないよな……ただ、きっと昔からこの類いの犯罪犯す警察官は居たんだと思う。揉み消されて来ただけで」

「少子化の影響かな。教員もだけどなりて不足。昔はアウトでも今は人員確保の観点でセーフ
質の劣化は避けられない。」

「愛知県警の教場の教官は、責められてるやろなぁ。不適正分子を振るい落とせなかったとして。あの番組を観て、お巡りさんって凄い!めっちゃ頑張ってなったんだ!と思えたのにぃ・・・」

「現役でないとは言え、元警察官であったにも関わらず、この手の犯罪を犯すなんて絶対に許せない。警察官は信用出来ない。警察は犯罪者と思えって言葉が最近広がっているのもうなずけてしまうわ。日本もお粗末になったね。」

スポンサーリンク

終わりに

世間の反応にもありますが、仮にも元警察官ですから、今回の犯行が許されることではないことくらいは当然わかっていたはずです。

それでも何度も同じ犯行を繰り返してしまうのですから、よほど自制が効かなったのでしょうね。

これから自分のしたことの重大性をしっかりと認識していただきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする