佐藤俊彦容疑者、逮捕!会社員2人刺され死亡。目撃情報など【名古屋】

名古屋

6月24日の夜、名古屋市北区の路上で40代の会社員2人が刃物で刺されて死亡し、近くに住む佐藤俊彦容疑者が殺人の疑いで逮捕されました。

3人の間になにがあったのか、調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

名古屋2

引用:https://www.asahi.com

24日夜10時半ごろ、名古屋市北区西味鋺1の路上で、「誰かが刃物で刺している。人が血だらけで倒れている」との通報があり、警察官が駆けつけたところ、近くに住むビルメンテナンス会社の社員、赤松英司さん(41)と、その同僚で愛知県大府市の小笠原智之さん(44)が刃物で刺され倒れており、病院に運ばれたが死亡が確認されました。

県警は25日、現場から逃げた同区西味鋺の無職、佐藤俊彦容疑者(38)を、2人を刺して殺害した疑いで逮捕しました。

赤松さんは腹など上半身に数か所、小笠原さんは胸など数か所に刺し傷があり、いずれも執拗に刺されたとみられるということで、亡くなった2人の死因は出血性ショックでした。

凶器とみられるナイフが現場近くで見つかっているということです。

調べに対し、佐藤容疑者は黙秘しているということです。

赤松さんらは飲食をした後、現場近くで佐藤容疑者と大声で口論するのが目撃されており、県警は何らかのトラブルがあったとみて経緯を調べています。

佐藤容疑者・プロフィール

名前:佐藤俊彦

年齢:38歳

職業:無職

住所:名古屋市北区西味鋺

現在公開されている情報はこれだけで、顔写真などは調べることができませんでした。

事件現場

名古屋

引用:https://www.nikkei.com

現場は名鉄味鋺駅から西に約2キロ離れた住宅街の一角。

名古屋高速楠ジャンクションからは、南東へ約800メートルで住宅や工場が立ち並ぶ地域とのこと。

名古屋市北区西味鋺1の路上ということです。

現場から北に150メートルほどのところには、市立西味鋺小学校があり、25日は登校の集合場所まで職員が出向き、学校まで児童を引率し登校したとのことです。

スポンサーリンク

近所の人の目撃情報

事件当時、多くの住民が言い争うような声を聞いていました。

その時の様子を、現場近くに住む女性は「外で音がしたので確認したら、男性2人が大声を出しながらもみあい、別の男性1人が地面に倒れていた」と話しています。

近くに住む50代の男性は「怒号が聞こえてベランダから路上を見ると、男性が血を流してあおむけに倒れ、その周りを男がうろついていた」と話していました。

別の住民は、赤松さんと小笠原さんは100メートルほど離れた路上に倒れていたとのこと。

佐藤容疑者とみられる男は細身で背が高く、短髪だったといいます。

被害者の物と思われる落ちているカバンの中を物色した後、現場を立ち去ったとのことです。

慌てる様子はなかったといいます。

住民の女性(52)は、佐藤容疑者とみられる男が、被害者とみられる男性ともみ合っている様子を自宅ベランダから目撃していました。

「すぐに駆け寄って心肺蘇生をした。声をかけたが反応がなかった」と話していました。

被害者の2人について

亡くなった名古屋市北区の赤松英司さん(41)と、愛知県大府市若草町3丁目の小笠原智之さん(44)は、名古屋市内にあるビルメンテナンス会社に勤め、ビルの修繕や工事、点検を担当していたということです。

事件当時、赤松さんと小笠原さんは車に乗り帰宅していて、自宅付近で赤松さんが降車した後、佐藤容疑者を大声で呼び出し、3人で口論となり激しくもみ合っていたということです。

佐藤容疑者と赤松さんの間には、以前から何らかのトラブルがあったとみられていて、県警が経緯を調べています。

下記は、名古屋市北区・赤松英司さん宅近辺

下記は、愛知県大府市若草町3丁目・小笠原智之さん宅近辺

被害者の同僚のコメント

同じ会社の男性(46)は「言葉がない。昨日まで2人とも普通に仕事をしていた。事件に巻き込まれるような人たちではない」と語り、赤松さんは真面目で明るく、職場のムードメーカーだったとも語っていました。

別の上司は「2人とも先輩や部下から慕われていた」と話し、仕事熱心で、顧客から指名で仕事を受注することもあったということです。

上司は「まだ信じられません」と語りました。

別の男性は、25日朝のニュースで事件を知り「昨日は普通に仕事をしていた。みんなショックを受けている」と暗い表情だったといいます。

被害者の知人のコメント

2人について「子煩悩なお父さん」で評判だったということです。

同じマンションの男性(66)によると、小笠原さんは妻と双子の息子の4人暮らしで、毎年キャンプに出掛ける家族思いのいいお父さんだったそうです。

また赤松さんは、中学生の息子の野球チームのコーチを務めていたとのことで、関係者の女性は「優しい人で、子供たちから慕われていた」と涙を流していました。

スポンサーリンク

終わりに

今回、容疑者と被害者の間になんらかのトラブルがあったと報じられていますが、多くの人に慕われていた人がトラブルを抱えるくらいなので、容疑者との間によほどのことがあったのでしょうね。

何度も刺し、殺人にまで発展してしまうくらいなので、容疑者はかなりの憎しみがあったのでしょう。

とはいえ殺人を犯してもいいという理由にはなるはずがありませんので、きちんと理由を説明し、罪を償い、責任をとってほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする