次期NHK朝ドラはどんなストーリー?主演は窪田正孝と発表!

窪田

NHKは28日、来春4月からの連続テレビ小説の主演を俳優の窪田正孝さんが務めると発表しました。

ドラマタイトルは「エール」となっており、数々の応援歌や流行歌を生み出した天才作曲家と歌手を目指す妻との物語を描きます。

朝ドラにおいて、男性が主演を務めるのは異例ということですが、今回はそんな次期朝の連ドラについて、主演の窪田さんをはじめ、ストーリーやモデルとなった人物など、いろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

窪田正孝さんのプロフィール

窪田

引用:https://www.cinematoday.jp

窪田正孝(クボタ マサタカ)

生年月日:1988年8月6日

血液型:B型

身長:175cm

出身:神奈川県

所属事務所:スターダストプロモーション

趣味:音楽鑑賞・バイク

特技:バスケットボール・ダンス

お母さまの勧めで、2006年に現在の事務所のオーディションに応募したことがきっかけとなり芸能界入りし、2014年NHK連続テレビ小説「花子とアン」で注目を浴びブレイクを果たしました。

「エール」のストーリー

窪田2

引用:https://natalie.mu

今回で朝の連ドラ102作目となる「エール」

窪田さん演じる主人公の古山裕一(こやまゆういち)は、もともとは福島にある老舗呉服店の長男として生まれました。

裕一は当初、老舗呉服店の跡取りとして育てられていきますが、気弱でいじめられがちな裕一を、周囲の人間はなんの取り柄もない子と思っていました。

しかしそんな裕一も、音楽に出会いその才能を徐々に発揮、独学で作曲活動を初めていくのでした。

ある時家族に内緒で応募した海外の作曲コンクールにおいて、裕一が応募した曲が入賞してしまいます。

このことをきっかけに、歌手を目指しているという女学生と出会い、文通を始めることになりました。

音楽に導かれるように出会った二人はそのまま結婚。

裕一は、彼女とともに音楽の道を歩むことを決意します。

様々な人と出会い、数々の困難を乗り越えながらも二人でヒット曲を生み出していきますが、時代は戦争へと進んでいきます。

裕一は軍の要請で軍事歌謡を作ることになりますが、自分の作った曲を歌いながら死んでいく若者の姿に心を痛めます。

戦争の爪痕から復興に向かう日本で、傷ついた人々と、暗く不安な日本を音楽によって明るくするために力を注いでいくのでした。

モデルとなった人物

窪田3

引用:https://mainichi.jp

今回モデルとなったのは、「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」など生涯で約5000曲を生み出した作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)さんと、歌手としても活躍した妻の金子(きんこ)さんです。

小関さんは1909年8月11日生まれ。福島県福島市出身。

1929年、チェスター楽譜出版社の作曲コンクールに入選し、日本人として初めて国際的コンクールの入選履歴を得た作曲家です。

数多くの応援歌、行進曲の作曲を手がけ、和製スーザと呼ばれました。

小関さんが作曲した曲は5000曲以上といわれ、作曲の作業には楽器は使われず、頭の中だけで行われたといわれています。

スポンサーリンク

周囲の反応

窪田4

引用:https://chuplus.jp

「窪田くん、朝ドラ主演おめでとう!!」

「福島駅で像を見たばかりの古関裕而さんが朝ドラのモデルに!今から楽しみ」

「積み重ねてきた仕事が認められての大抜擢でほんとに嬉しい」

「半年間毎朝見れるなんて嬉しい」

「国民的俳優になっていくんだね〜すごく嬉しい!!」

などなど窪田さんのファンを中心として、お祝いの声や楽しみにしているといった声など、すでに大きな話題となっていました。

補足として

窪田5

引用:https://natalie.mu

冒頭でもお伝えしたように、朝ドラにおいて男性が主演となったのは、「まっさん」の玉山鉄二さん以来6年ぶりとのことです。

さらに、朝ドラ102作108人目の主人公で男性はなんと10人目ということなので、その希少性もうかがえますね。

さらにさらに「ハゲタカ」「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」といったドラマで知られる林宏司さんがこの度の脚本を手がけ、吉田照幸さん、松園武大さんらが演出に名を連ねているという豪華ぶり。

さすが朝ドラ、スタッフ陣にも抜かりがないですね。

スポンサーリンク

まとめ

窪田3

引用:https://news.biglobe.ne.jp

朝の連続ドラマ小説の魅力は、どの作品においてもほとんどの場合原作となる人物がいて、その人物の人生や人間模様がリアルに表現されていることだと思います。

故に、半年間毎日15分間という時間を楽しみにしている方が多くいるのだと思います。

かくいう筆者もその一人なのですが、今回の報道を受け、ファンの方々同様来春の放送を楽しみしているところです。

窪田さんはじめ、出演されるキャストのみなさん、制作スタッフのみなさんは、今年初秋からクランクインとのことでしたので、体に気をつけて「エール」を作り上げていただきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする