永野惠子・丹野春雄容疑者、助成金詐欺?被災した企業騙す!動機は?

搾取2

東日本大震災で被災した仙台市内の会社の社長に、助成金を受け取るためと称しうそを言い、約600万円をだましとったとして、70代の男女2人が詐欺の疑いで逮捕されました。

被災した企業の思いに浸け込む事件となりましたが、この事件について犯行の動機や経緯について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

搾取

引用:https://diamond.jp

逮捕されたのは、住所不定で無職の永野惠子容疑者(72)と、宮城県仙台市青葉区の派遣社員、丹野春雄容疑者(73)です。

永野・丹野両容疑者は、平成25年7月から10月ごろにかけて、東日本大震災で被災した宮城県仙台市宮城野区の水産加工会社の社長から、約600万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。

知人を通じて被害者の男性と知り合ったということで、「会社の再建に必要な助成金を受け取るには、口座の開設資金や手数料が必要だ」などとうそを言い、現金を銀行口座に振り込ませ、さらに男性から直接現金を受け取っていたということです。

被害者の男性は、助成金が振り込まれないことからだまされたと気づき、おととし10月、被害届けを提出したということです。

捜査を進めたところ、永野容疑者と丹野容疑者の2人が浮上し、13日逮捕に至ました。

2人は調べに対し「金は受け取ったがだますつもりはなかった」などと供述し、容疑を否認しているということです。

スポンサーリンク

永野惠子容疑者・丹野春雄容疑者のプロフィール

名前:永野惠子

年齢:72歳

職業:無職

住所:不定

名前:丹野春雄

年齢:73歳

職業:派遣社員

住所:宮城県仙台市青葉区

スポンサーリンク

永野・丹野両容疑者の顔画像

2人の顔画像については、情報が入り次第更新していきます。

犯行の動機

搾取2

引用:https://diamond.jp

今回の犯行について、永野・丹野両容疑者は「金は受け取ったがだますつもりはなかった」と供述し、容疑を否認しているということです。

ではいったいなぜこのような犯行に及んだのでしょうか。

助成金をもらうために手数料がかかると言い現金を受け取っていながら、騙すつもりはなかったと言っていますが、なかなか苦しい言い訳に聞こえますね。

本当に助成金の支払い方法を知っていたということでしょうか。

はたまた、金は借りただけで返すつもりだったとかでしょうか。

動機については現在はっきりとしたことはわかっていません。

こちらも情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク

犯行現場

今回犯行が行われた場所、つまり永野・丹野両容疑者が被害者の社長と面会したであろう場所については、特定できませんでした。

被害者の社長の水産加工会社は「宮城県仙台市宮城野区」にあるということで、もしかしたら、2人は会社まで赴いて、今回の話を進めていたかもしれませんね。

スポンサーリンク

詐欺の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

詐欺罪として犯罪が成立するのは、人を騙すことによって、騙された人が、お金や金銭的な価値があるものを提供してしまった場合です。

法律で定められた詐欺罪の刑罰は、10年以下の懲役です。

罰金刑がないため、初犯であっても執行猶予が付かなければ、即刑務所に収監される可能性があります。

過去の有罪判決のうち、約85%が1年から3年の刑期となっています。

また、執行猶予が付いているのは、全体の約51%です。

詐欺罪の有罪判決の約半数は、判決後すぐに刑務所に行くことになるようです。

スポンサーリンク

終わりに

騙すつもりがないとはいえ、数年経っても被害者のもとになにも返ってきていない現状では、詐欺と言われてもおかしくはありませんね。

被災者に対して、未だにこのような仕打ちがあることを知るとなんともいたたまれない気持ちになります。

被災者を狙う卑劣な犯罪が、今後なくなることを切に願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする