田中和希容疑者、女性の体触り強制わいせつの疑いで逮捕!埼玉県警察官

田中2

埼玉県警・浦和東警察署の32歳の巡査が今年6月、さいたま市内の駐車場で10代の女性の体を触ったとして強制わいせつの疑いで逮捕されていました。

この警察官の不祥事について、いろいろと調べてみました。
スポンサーリンク

事件の詳細

田中

引用:https://www3.nhk.or.jp

逮捕されたのは埼玉県警浦和東警察署の地域課巡査、田中和希容疑者(32)です。

田中容疑者は今年6月26日午後5時10分ごろ、さいたま市内の駐車場で10代の女性の体を触ったとして強制わいせつの疑いが持たれています。

田中巡査は泊まり勤務を終えたあと車でさいたま市北区の路上に行き、家に帰る途中だった被害者に「こんにちは」と声をかけ油断させた後、腕を引っ張り人目につかない駐車場に連れ込み犯行に及んだということです。

警察は女性の母親から相談を受けて捜査を進め、現場近くの防犯カメラに田中巡査の姿が写っていたことから、15日逮捕しました。

調べに対して田中容疑者は容疑を認め、「好みの女性だったので、ムラムラしてやった」と供述しているということです。

スポンサーリンク

田中和希容疑者のプロフィール

田中3

引用:http://www.news24.jp

名前:田中和希

年齢:32歳

職業:埼玉県警警察官(浦和東警察署の地域課の巡査)

住所:埼玉県上尾市壱丁目

顔写真については特定に至りませんでしたので、公開され次第更新していきます。

スポンサーリンク

犯行の動機

今回の犯行について田中容疑者は、「好みの女性だったので、ムラムラしてやった」と供述しているということです。

警察官たるものそういった類の衝動に負けてしまうようでは全くダメですね。

それとも警察官も人の子だとでも言うべきでしょうか。

多かれ少なかれ同じような衝動に駆られる人も少なくないと思いますが、決して衝動だけで動いてしまう人はそう多くはないと思います。

ムラムラした気持ちを抑えられないようでは、痴漢などその他の性犯罪者と同等か最悪それ以下です。

スポンサーリンク

犯行現場

田中4

引用:http://www.news24.jp

今回の犯行が行われた場所は、「さいたま市北区の路上」ということで、以下の周辺になります。

スポンサーリンク

埼玉県警のコメント

田中2

引用:https://www3.nhk.or.jp

今回の事件を受け、埼玉県警察本部の近藤勝彦首席監察官は「職員が逮捕されたことは大変遺憾。被害者と県民の皆様におわびします。捜査結果を踏まえて厳正に対処します」と話しているということです。

警察官のわいせつ行為ということで、その言葉通り厳しい処分が待っていることでしょう。

スポンサーリンク

強制わいせつの刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

強制わいせつ罪は、暴行・脅迫を用いてわいせつな行為をした場合に成立します。

刑法で「6月以上10年以下の懲役に処する」と定められていて、罰金刑がありません。

初犯で犯行内容が悪質でなければ、多くの場合執行猶予がつくそうです。

しかし、犯行内容が悪質だと判断されれば、即実刑判決が下されることもあります。

スポンサーリンク

終わりに

今回の事件は、警察官が自身の欲望に負けて犯罪行為を働いてしまうというあってはならない事件となってしまいました。

厳正な処分ということでしたが、田中容疑者におかれましては本当に厳しい処分が待っていることでしょう。

自分の立場を今一度考え、やってしまったことの重大性をしっかりと理解していただきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする