服部浩司容疑者、顔画像!生活保護男性切りつけ?動機は?犯行現場は?米原市職員

包丁

生活保護の相談を受けていた知人の男性(26)を包丁で切りつけたとして、滋賀県米原市社会福祉課主事の男が、殺人未遂容疑で逮捕されました。

今回はこの事件について、犯行の動機や経緯について、調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

包丁2

引用:https://radichubu.jp

殺人未遂容疑で逮捕されたのは、滋賀県米原市宇賀野で米原市社会福祉課主事の服部浩司容疑者(27)です。

服部容疑者は24日午後10時35分頃、滋賀県長浜市相撲庭町の路上に止めた自身の軽自動車の中で、知人男性の頭や腹を包丁で切りつけ、殺そうとした疑いがもたれています。

男性は自力で車の外に逃げ出し、連絡を受けた男性の妻が110番通報しました。

男性の命に別条はありませんでした。

調べに対し服部容疑者は「殺すために包丁を買った。間違いありません」と容疑を認めています。

服部容疑者は2015年4月に入庁し、現在は生活保護の担当者として、今年の8月からこの男性と知り合い、10月から担当として生活保護の相談に努めていました。

庁舎外で担当先と会う際は市に事前に報告するよう義務付けられていましたが、服部容疑者からの報告はなかったということです。

警察は、2人の間にトラブルがあったとみて調べる方針です。

スポンサーリンク

服部浩司容疑者のプロフィール

名前:服部浩司

年齢:27歳

職業:滋賀県米原市社会福祉課主事【市役所職員】

住所:滋賀県米原市宇賀野

スポンサーリンク

服部浩司容疑者の顔画像

服部容疑者の顔画像については、情報が入り次第更新していきます。

犯行の動機

包丁

引用:https://www.photo-ac.com

今回の犯行について服部容疑者は、「殺すために包丁を買った。間違いありません」と容疑を認めているということです。

動機については、現在はっきりとしたことはわかっていません。

2人の間にいったい何が会ったというのでしょうか。

服部容疑者は、被害に遭った男性の生活保護について担当していたということですが、この関係に何か問題があったのは間違いないでしょう。

被害男性は若くして生活保護を受けようとしていたので、そのことについて何かトラブルがあったといったところでしょうか。

考えられることとしては、

・生活保護についてもっと速やかに対応するよう強く迫られ、男性が邪魔になった

・男性を担当するなかで、常に批判的な態度で困っていた

・実は被害男性はクレーマーだった

などが挙げられるでしょう。

実際はどういった経緯だったのでしょうね。

詳細は情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク

犯行現場

今回の犯行が行われた場所は、「滋賀県長浜市相撲庭町の路上に止めた自身の軽自動車の中」ということで、以下の辺りになります。

スポンサーリンク

米原市長のコメント

産経

引用:https://www.sankei.com

米原市の平尾道雄市長は今回の事件を受け、記者会見の場で、

市民に対する信用を失墜し、多大なご迷惑をかけ、公務員としてあるまじき行為。深くおわびする

と謝罪しました。

殺人未遂罪の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

殺人未遂罪は、殺人罪と合わせて以下のように記載されています。

(殺人)第199条  人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。

(未遂罪)第203条  第199条及び前条の罪の未遂は、罰する。

明確な刑罰が設定されていませんが、殺人罪と同様に罰せられます。

その中で、殺人未遂の刑罰の相場は懲役3年~15年が一般的だとされています。

また、第8章の未遂罪(未遂減免)第43条では、「犯罪を実行してこれを遂げなかった者は、その刑を減軽することができ、自分の意思で犯罪を中止したときは、その刑を減軽、または免除する」とありますので、犯行状況などによっては、裁判官が決める罪の重さが変わるとされています

ちなみに過去の殺人未遂に関する判決では、執行猶予を含む懲役7年以下の判決が全体の80%以上を占めています。

スポンサーリンク

世間の反応

今回の事件について、世間の反応を紹介します。

「生保か。差別するわけではないが、刺された側にもそれなりの理由があったのだろう。この制度、そろそろ見直してもよいのでは。」

「勿論加害者が悪い。だが、身体的に問題がある人は別として、26歳で生活保護を受けるのはどうかと思ってしまう。」

「今までは受給者が職員に対し暴力や脅迫が多々あったが、逆パターンもあるんだね。殺したくなるくらいだから受給者に問題有りか?でも刺すまでするかね~市役所職員が??? それはそれとして生活保護制度を改めて改善することも必要じゃないかな?働かないでパチンコやる受給者いっぱい居るし!」

「加害者に非があることは明らかだけど、被害者も26歳で妻もいるのに働いてないって何となく反社の匂いがする。生活保護のあり方をもう一度検討してほしい。」

「生活保護は見下せば激怒、下手に出れば調子こく。扱いが面倒な人たちである事は変わりない。」

「26歳で生活保護か。こういう奴は仕事には消極的だが、生活保護をもらうためには積極的やからな。刺すのはダメだが心中察する」

「生活保護者の担当とか想像以上に精神的にきつい仕事でしょ?しっかり捜査してあげないと誰も福祉課なんて仕事しなくなるよ。」

「どこの自治体も、生活保護基準を厳格にして欲しいものだ。 1ヶ月働いても、生活保護の方が多く貰える間違いはあってはならない!」

「生活保護の収入だけでつつましく生活をしている人がいる中で、ぜいたく、隠れてバイトしている人がいるからね。税金等めんじょされて医療費無料。そのへんをきちんととりしまるのが役所関係者だよ。役所の人間と生活保護者の間に人に言えない事があったりして」

「案の定、多くは「生活保護」に引っ掛かったコメント。そりゃそうよね。
26で既婚で生活保護。
おかしいと思って当たり前。実際は止むに止めない事情があるやも知れないが、そうでないなら被害者側の非は十分にあり得る。」

スポンサーリンク

終わりに

世間の反応では被害男性に対しても辛辣なものもかなりの数ありましたが、容疑者を今回のような恐慌に走らせてしまった何かが、26歳生活保護希望者との間にあったのでしょう。

しかしどんなに理不尽なことがあったとしても、刺してしまったことについては決して許されることではありません。

被害に遭われた男性の命に別状がなく本当に良かったですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする