池田知美容疑者、顔画像!新生児放置死なす?動機は?現場は?浴室で出産

子供

生後間もない娘を自宅に放置して死亡させたとして、東京都足立区の女が、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されました。

なんとも痛ましい今回の事件ですが、犯行の動機や現場などについて、調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

子供2

引用:https://www.christiantoday.co.jp

保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたのは、東京都足立区西新井のアルバイト従業員、池田知美容疑者(31)です。

池田容疑者は昨年12月28日ごろから30日ごろまでの間に、自宅2階の寝室のベッドに生後間もない娘を放置し、死亡させた疑いがもたれています。

遺体に目立った外傷はなかったとのことです。

池田容疑者は1人暮らしで、12月28日の朝に自宅の浴室で娘を出産したとみられていて、29日と30日はパチンコ店とキャバクラのアルバイトに出掛け、長時間家を空けていたということです。

1月1日の夜になり「子供が動かなくなった」と119番に自ら通報し、駆けつけた救急隊が心肺停止状態の娘を発見しましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

調べに対し池田容疑者は「30日から娘の泣き声がかすれ、手足の動きが鈍くなっていた」と話していて、「金がなく、病院に連れて行けなかった」と容疑を認めているということです。

池田容疑者は妊婦検診を受けておらず、出産後も産婦人科などの医療機関を受診していなかったということです。

子供の体重は1360グラムほどで、池田容疑者は出産後、薬局などで粉ミルクや哺乳瓶を買い、娘にベビー服を着せていたということです。

スポンサーリンク

池田知美容疑者のプロフィール

名前:池田知美

年齢:31歳

職業:アルバイト

住所:東京都足立区西新井

スポンサーリンク

池田容疑者の顔画像

池田容疑者の顔画像については、情報が入り次第更新していきます。

犯行の動機

子供

引用:https://sumamon.jp

今回の犯行について池田容疑者は、「金がなく、病院に連れて行けなかった」と容疑を認めているということです。

金が無い人は世の中たくさんいますが、よほど余裕がなかったということでしょうね。

相談できる身内もいないくらい孤独だったということでしょうか。

さらに最近では子育て支援関連で、出産に際して行政から支援を受けられることはどの自治体も行っている公共事業の1つですが、そのことを知らなかったということでしょうか。

いずれにせよ、それだけ池田容疑者は外界から隔離されていたということでしょうね。

そして気になるのはこの子の父親ですが、結婚していないにせよ、父親となる人に助けを求めることもできなかったということでしょうね。

本当に痛ましい出来事です。

スポンサーリンク

犯行現場

今回の犯行が起こった場所は、池田容疑者の自宅ということで、以下の辺りになります。

スポンサーリンク

保護責任者遺棄致死の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

保護責任者遺棄罪とは、扶助が必要な人物を置き去りにする犯罪です。

扶助が必要な人物とは、老年者・幼年者・身体障害者・病人を指し、この罪の場合「何もしなかったこと」が罪になります。

今回のように、保護責任者を遺棄し相手を死亡させてしまった場合、保護責任者遺棄致死罪となり、その罰則は【3年以上20年以下の懲役】となります。

スポンサーリンク

世間の反応

今回の事件について、世間の反応を紹介します。

「あれをすればいい、これをしとけば良かった、と常識的な考えが思いつかないくらい、この母親の育った環境も劣悪で、無知で孤独だったのだろうか。正直、どうすれは防げたのか正解が見つからない。」

「粉ミルクや哺乳瓶を買い、子供と一生懸命幸せになろうとしてたと思うんだけど、切ない。
たぶん行政がなんらか支援してくれることも知らなかったのかもしれない。世の中いろんな人がいるので、知識がなければ、幸せになれないというのは、セーフティーネットとしては十分ではないと思うので、こうした困っている人たちを見つける取り組みや、もっと支援に対する認知度の向上が図れる取り組みをしたら良いんではないかと思う。

「また痛ましい事件、、、病院に連れてくお金が無かった、、、アルバイトで生計をたてていた、子どもの父親は誰なんでしょうか?本当に育てられないなら、望まない命なら初めから作って欲しくないが、、、賛否はあると思いますが赤ちゃんポストなども充実させても良いと思います。」

「31歳にもなって、行政に助けを求めることもできずに赤ちゃんが犠牲になってしまったのは、無知で無責任すぎる。だけど、1人で自宅出産、産後間もない身体でベビー用品を買いに行き、バイトを掛け持ちで働いて、どんな気持ちだったんだろうと思うと、胸が痛い」

「ミルクと哺乳瓶と服を買っていたんだね…なんか、悲しい。ほんと妊婦検診高いし、出産費用も高いし。補助金はあるけど、全然賄えないよ。禁煙とかギャンブル依存症の治療が保険対象になるより、妊産婦の検診や出産費用を全額無償にしてあげてほしい。」

「何て小さな赤ちゃん…仕事もしていたのにお金が無かったなんて、頼る人も居なかったのだろうか。産着や哺乳瓶を購入してたのがせめてもの救いです…赤ちゃんも可哀想ですが、女性も1人で悩んでたのかと思うとやるせないです。」

「誰か助けてやれなかったのか。悔やみます。ミルクや服を買っているなら少しはママになろうとしていたんじゃないか。1人で出産なんて本来なら考えられない。とても痛く恐怖やったと思う。」

「いろいろ意見はあると思いますが、、、こういう母子にこそ、子育てに必要な現物を支給してあげてはいかがですか。せっかく誕生した命を、国を上げて全力でフォローしませんか。
理由は様々かもしれませんが、生まれてくる命は奇跡なのですから。」

「数ヶ月前に第二子を出産したばかりです。あのとてつもない痛みを1人で乗り越え、ミルクも哺乳瓶も用意して…読んでいて苦しくなりました。赤ちゃんが弱っていく過程も断片的ながら見守っての通報、どんな気持ちだったのでしょう。この人の中でもいろんな気持ちと現実問題とで葛藤したのだろうけど悲しい結果でやるせないです。どんな事情があったかわからないけど、掛け持ちのバイト先や家族が十月十日の間に気づいてあげられなかったのかな?」

「31歳なことに驚きました。しかし、子供を産み育てることは並大抵なことではないと知るのは産んだ後だと思います。義務教育中に教えるべきことは英語やパソコンやダンスではないと思う。」

スポンサーリンク

終わりに

赤ちゃんの服やミルクを買っていたということですので、きっとこの女性は子供を育てたかったのだと思います。

しかし金銭的な問題で育てられないと決心し、一人で痛みに耐え出産し、それでも生きるために働き、赤ちゃんが弱っていくさまを見ているのはどんな気持ちだったのかと、いたたまれない気持ちでいっぱいです。

こうした人たちが気軽に利用し支援してもらえるような、そんな取り組みの整備が急がれますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする