古土井秀樹容疑者(ふるどい)、女性の下着盗み逮捕!【兵庫県洲本市】

洲本

女性の下着を盗んだとして、兵庫県警淡路署は17日、窃盗の疑いで、兵庫県洲本市生活環境課の臨時職員、古土井(ふるどい)秀樹容疑者(62)を逮捕しました。

高齢になってからの下着泥棒。どんな心境だったのでしょうか。

いろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

洲本2

引用:https://www.photolibrary.jp

古井戸容疑者は16日午後5時半ごろ、淡路市内の女性(22)宅の1階に干してあった下着3点を盗んだ疑いがもたれています。

兵庫県警淡路署によると、古土井容疑者が車で立ち去る様子を目撃していた人がいたとのことで、その目撃者により110番通報されました。

そして車のナンバーから古土井容疑者が割り出されました。

古土井秀樹容疑者のプロフィール

名前:古土井秀樹

年齢:62歳

職業:兵庫県洲本市生活環境課の臨時職員

住所:兵庫県淡路市柳澤乙

顔写真については、情報が公開されておらず、特定にいたりませんでした。

年齢を考えると、一度市役所を定年退職して、臨時職員として再雇用されたということでしょうか。

スポンサーリンク

犯行の動機

犯行の明確な動機について、未だ報道では明らかになっていませんが、62歳という年齢をみても、いくつになってもそういった欲求はあるのだなと感じます。

下着泥棒は特殊な性癖の一種になるのでしょうか。

通常の考えなら下着を盗もうなんて考えませんよね。

もしかしたら捜査が進んでいくと、余罪が出てきたりするのでしょうかね。

犯行現場

犯行現場は、淡路市内の女性宅の1階ということで、明確な場所などは示されていません。

スポンサーリンク

仕事終わりに犯行?

洲本

引用:https://www.city.sumoto.lg.jp

今回の事件が発生した時間が「16日午後5時半」となっています。

さらに古土井容疑者の職業は、洲本市生活環境課の臨時職員とのこと。

ということは、平日の市役所の勤務時間が、臨時職員であれば午後5時〜5時15分くらいまででしょうから、仕事終わりに犯行に及んだ可能性がありますね。

スポンサーリンク

ネットの反応

確かにまだまだ気持ちが若いのでしょうね。

スポンサーリンク

終わりに

今回の容疑者の年齢をみると、いい歳をして下着泥棒を行ったことについては、いささか情けなさを感じますが、いつになって男の欲求は変わらないのかなとも感じてしまいます。

しかし正常な思考であれば、下着を盗もうとは考えるはずもないわけですから、今回犯行を目撃されたことで、悪いことをしている時は見られているんだと、肝に銘じてほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする