川上国彦容疑者、顔画像!大麻所持のラッパー証拠隠滅図る?犯行動機など

大麻

人気ラッパーの「漢a.k.a.GAMI」の名前で知られる川上国彦容疑者(41)が、大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。

今回はこの事件について、犯行の動機や犯行の経緯、また川上容疑者の人物像など調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

漢

引用:https://twitter.com

大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、「漢a.k.a.GAMI」という名前で活動するラッパー、川上国彦容疑者(41)です。

川上容疑者は今月2日、東京都新宿区大久保の自宅近くの路上で、周囲を見回しながら歩いていた川上容疑者を不審に思い警察官が職務質問をしたところ、たばこの箱に大麻片を隠し持っており、大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。

また事件当時、タバコケースから紙巻きタバコのようなものを1本だけ抜き取って足で踏みつぶし、証拠隠滅を図っていたとみられています。

踏み潰されたタバコからは、大麻の成分が検出されたということですが、調べに対し川上容疑者は「身に覚えがありません」と容疑を否認しています。

川上容疑者は過去にラップの技術を競うテレビ番組に出演していたこともあるということです。

スポンサーリンク

川上国彦容疑者のプロフィール

名前:川上国彦

年齢:41歳

職業:ラッパー・鎖グループ代表

住所:東京都新宿区大久保

1978年6月7日生まれ。

新潟県長岡市出身。

日本のヒップホップMC。株式会社鎖グループ及びヒップホップレーベル「9SARI GROUP」の代表

ヒップホップグループ・MSCのリーダー

主に「漢 a.k.a. GAMI」(カン・エーケーエー・ガミ)で活動。

2000年にヒップホップクルーMS CRUを結成し、2002年6月10日、MS CRUのメンバーとしてEP『帝都崩壊』でデビューします。

その後数々の大会でタイトルを獲得し、CDなども発売。

大会を開催するなどの活動も目立っていたようです。

スポンサーリンク

川上国彦容疑者の顔画像

川上

引用:https://www.youtube.com

スポンサーリンク

犯行の動機

大麻

引用:https://www.itmedia.co.jp

今回の犯行について川上容疑者は、「身に覚えがありません」と容疑を否認しています。

動機については現在捜査中ということで、はっきりしたことはわかっていません。

どこで手に入れ、そしてなぜ大麻を所持していたのでしょうか。

考えられる動機としては、

・自分で使用するため。

・仕事でのストレス発散

・誰かに頼まれた

などが挙げられます。

見に覚えがない供述しているようですが、はたして本当にそうだったのか。

見に覚えがない人はわざわざ踏み潰したりしませんね。

詳細については、分かり次第更新していきます

スポンサーリンク

犯行現場

今回の犯行が行われたのは、川上容疑者の自宅近くの「東京都新宿区大久保の路上」ということで、以下の辺りになります。

スポンサーリンク

大麻取締法違反の刑罰

大麻

引用:https://keiji-pro.com

大麻を所持・譲受・譲渡した場合の罰則は、5年以下の懲役です。

営利目的だった場合は7年以下の懲役となり、さらに200万円以下の罰金の併科になる可能性があります。

また大麻を栽培・輸入・輸出した場合の罰則はさらに重く、7年以下の懲役となっていて、営利目的の場合は、10年以下の懲役、場合によっては300万円以下の罰金が併科されます。

今回の場合大麻所持ということで、「5年以下の懲役」が適応されるでしょう。

スポンサーリンク

ヒップホップレーベル「鎖グループ」もコメント

「この度、関係者の皆様、ファンの皆様をはじめ、たくさんの方々に大変なご迷惑とご心配をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した上で、

「詳細を把握していないので詳しい状況が分かり次第、追って状況を説明させて頂きます」とコメントしました。

世間の反応

今回の事件について、世間の反応を紹介します。

「職質された時、タバコケースから一本取り出して踏み潰した。その一本から大麻反応あり。本人は容疑を否認。ダッさ!捕まるの怖いならやるな、大麻についてラップするなよ。捕まりかた含め兎に角ダサい。」

「もともとラップって好きな人は好きだけれども正直日本に根付いた文化とは言えないと思う。だから得体の知れないイメージしかないのにこういう事件を起こすと、ほらやっぱりという感想しかないと思う。この人個人の問題なんだけれども全体のイメージを悪くしたと思うよ。」

「UZIが逮捕された時ライムスター宇多丸が言ってた「HIPHOP業界は襟を正せ」これに尽きる
酒や薬ネタのリリックや曲はお約束のようなものだけど実際に所持して逮捕されちゃあ・・報道されてきた有名ラッパーに関しては若い子がヤンチャするのとは訳が違う漢さんはレーベルの代表者であり大会のオーガナイザーなどもしている。フリースタイルダンジョンなど知名度の高いメディアにも出演経験があり影響力も大きい。彼が逮捕されれば色々な人、場所に迷惑がかかるしHIPHOP業界への影響、悪印象とは切り離せない。ZeebraやKREVA、宇多丸なんかがどれだけ表でクリーンなイメージを作っても他がこういう事をしてしまうと「ほらね、やっぱりくだらない業界じゃん」と水の泡になってしまう

「鎖グループという名が体を表していると思う。好きなことは独りでやれば迷惑をかけなくて良い。」

「所属している人全員検査したら?検査してマイナスなことなんてないんだし」

「ヒップホップ、レゲエは大麻のイメージ。張り込んでたら日本の音楽界からこの二つの曲が無くなりそう」

「詳細も何も今までの行動言動でわかっていた事でしょ」

「日本人でタトゥー入れてるヤツはヤバい。見た目で判断するなと言われても、見た目から滲み出るものってあるよね。」

「最初、トピックに「漢さん」逮捕となってたね。記事書いたやつ、意外とヒップホップ通なのかw」

スポンサーリンク

終わりに

世間が言うように、大麻や薬物などはこうした業界に蔓延していることなのでしょうか。

HIP-HOPという文化に対しては、様々な見方があることは確かです。

そんな中、業界を代表する人物の犯行で、業界全体のイメージが悪くなることは避けたいところです。

素晴らしい功績を持つ人物なだけに、信頼回復のためにもこれからの生き方や行動を再度見直していただきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする