中村綾子容疑者、大型トラックで歩行者はねる。過失運転致死容疑【長野】

ひき逃げ

21日朝早く、長野県松本市の国道で30代の男性が大型トラックにはねられ死亡した事故で、大型トラックを運転していた池田町会染の会社員の女を過失運転傷害の疑いで逮捕しました。

スポンサーリンク

事故の詳細

トラック

引用:https://smartdrivemagazine.jp

21日午前4時半ごろ、長野県松本市村井町南の国道19号線で、近くに住む会社員の中田健一さん(38)が直進してきた大型トラックにはねられ、病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて、約4時間後に死亡が確認されました。

この事故で、大型トラックを運転していた長野県北安曇郡池田町会染の会社員、中村綾子容疑者(47)が、過失運転傷害の疑いでその場で逮捕されました。

現場はJR村井駅から500メートルほど東にある片側1車線の直線道路で、死亡した中田さんは歩道ではなく車道を歩いていたとみられるということです。

警察は、中村容疑者が前方への注意を怠ったとみて、容疑を過失運転致死に切り替えて事故の原因を調べています。

スポンサーリンク

中村綾子容疑者のプロフィール

名前:中村綾子

年齢:47歳

職業:会社員

住所:長野県池田町会染

顔写真については特定に至りませんでしたので、公開され次第更新していきます。

スポンサーリンク

事故の原因

ひき逃げ

引用:http://ichibanyasui-kurumahoken.com

今回の事故について警察は、中村容疑者が前方への注意を怠ったとみて詳しい状況を調べているということです。

それと合わせて、被害者は車道を歩いていたとみられるということで、それもあり今回の事故につながったとみていいでしょう。

時間帯も朝方の暗い時間ということで、その暗さも視認の遅れにつながったのでしょうね。

スポンサーリンク

事故現場

今回の事故が起こった場所は、「長野県松本市村井町南の国道19号線」の、「JR村井駅から500メートルほど東にある片側1車線の直線道路」ということで、以下の辺りになります。

この写真の辺りがちょうど「JR村井駅から500メートルほど東にある片側1車線の直線道路」になりますので、この辺りと考えていいでしょう。

スポンサーリンク

過失運転致死の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

平成26年に「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」、通称「自動車運転処罰法」が施行されました。

この法律により、自動車を運転して人を死傷させた場合、独自の罰則が定められました。

それにより、刑法からは自動車運転過失致死傷罪の条文が削除されました。

そのため現在では、自動車を運転する上で必要な注意を怠って人を死傷させる行為は、刑法ではなく自動車運転処罰法によって処理されることになっています。

この法律における過失運転致死傷罪の法定刑は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金とされています。

過失運転致死傷害」は、自動車運転処罰法5条に規定されている、7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金に処せられます。

スポンサーリンク

終わりに

今回の事故で、「暗くて狭い道」が改めて危険だと認識できました。

運転者の前方不注意があったものの、被害者が車道を歩いていたという状況などを踏まえると、お互いの注意一つで防ぐことのできた事故だったのではないかと思われます。

それだけに、死亡事故となってしまったことが残念でなりませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする