中尾裕猛容疑者、パトカーから追跡逃れひき逃げ?動機は?犯行現場特定

ひが2

ミニバイクの男性をひき逃げして死亡させたとして23日、大阪府茨木市の無職の男性が自動車運転処罰法違反などの疑いで逮捕されました。

今回はこの事件について、犯行の動機や、事件の起きた現場などについて調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

中尾

引用:https://www3.nhk.or.jp

自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕されたのは、大阪府茨木市沢良宜浜の無職、中尾裕猛容疑者(25)です。

中尾容疑者は23日午前4時55分ごろ、大阪府茨木市春日の府道交差点で、自身のワゴン車を危険な状態で運転し、茨木市の調理師、阪本直也さん(41)が運転するミニバイクと衝突した上、救護せずそのまま逃走して死なせた疑いがもたれています。

中尾容疑者は事故の直前、現場から約1.5キロ離れた交差点で信号無視をしており、一時的に府警茨木署のパトカーに追跡されていたということです。

調べに対し中尾容疑者は「逃げたい一心で交差点に入った」と供述し、容疑を認めています。

中尾容疑者は23日午後0時10分ごろ、家族に付き添われて警察に出頭したということです。

スポンサーリンク

中尾裕猛容疑者のプロフィール

名前:中尾裕猛

年齢:25歳

職業:無職

住所:大阪府茨木市沢良宜浜

スポンサーリンク

中尾容疑者の顔画像

中尾容疑者の顔画像については、情報が入り次第更新していきます。

犯行の動機

ひが2

引用:https://www.jicobengo.com

今回の事件について中尾容疑者は、「逃げたい一心で交差点に入った」と供述し、容疑を認めています。

ひき逃げを起こす前に信号無視をして警察から追跡されていたということで、その際の逃走が今回の事故原因とみていいでしょう。

周りが見えなくなるほど焦っていたということでしょうね。

逃げたい気持ちが優先して怪我をした人をそのままにしたということで、自己中心的な気持ちが招いた事故といっていいでしょう。

スポンサーリンク

犯行現場

中尾

引用:https://www3.nhk.or.jp

今回の事件が発生した場所は、「大阪府茨木市春日の府道交差点」ということで、以下の場所になります。

また報道の映像から、事故現場は「弁天下交差点」ということがわかりました。

スポンサーリンク

ひき逃げ前の信号無視をした現場

中尾

引用:https://www.youtube.com

中尾容疑者がひき逃げを起こす前に信号無視をした現場は、ひき逃げをした交差点から北に1.5キロ離れた交差点ということで、報道の映像から以下の場所とわかりました。

スポンサーリンク

自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

自動車運転処罰法違反(危険運転致死)

危険運転致死傷罪の法定刑は、被害者がケガをした場合と死亡した場合とで異なります。

被害者がケガをした場合は、15年以下の懲役刑となります。
被害者が死亡した場合は、1年以上の有期懲役刑となります。

有期懲役刑の限度は20年なので、死亡事故を起こすと、最低1年、長い場合20年間刑務所に行かなければなりません。

また飲酒運転などの他の罪と併合加重されると、最高で30年の懲役刑となる可能性があります。

さらに危険運転致死傷罪には禁固刑や罰金刑はなく、必ず懲役刑となりますので、執行猶予がつかない限りは刑務所に行かなければなりません。

道路交通法違反(ひき逃げ)

運転者が、人身事故に係る救護義務・危険防止措置義務に違反した場合には、道路交通法第117条第1項により、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

なお、人身事故が「人の死傷が当該運転者の運転に起因する」ものである場合に、救護義務・危険防止措置義務に違反した場合は、道路交通法第117条第2項により、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

運転に起因する」要件とは、運転者が過失運転致死傷または危険運転致死傷に問われうる場合で、死傷者が赤信号を無視したり追突、逆走した場合など、運転者の過失が明らかにない場合を除き、通常は第117条第2項の罪が適用となります。

スポンサーリンク

世間の反応

今回の犯行についての世間の反応を紹介します。

「最初から逃げなければ、こうゆう事は起こらなかった。逃げたとゆう事は、他にやましい事があったから逃げたんだろうな。自首したとはいえ、重罰刑で堀の中で自分の犯した罪をしっかり反省してもらいたい。」

「捕まったか…、でも被害者はもう帰ってこないんだよ。出頭したのが遅かった。事故を起こして気が動転してたんだろうけど。その時に出来る限りの救護措置をして速やかに救急車や警察に通報していたら被害者の方も助かっていたかもしれない。安易な気持ちの信号無視、パトカーの追跡を振り切ろうとする行為、それがこの悲惨な事故の始まりだ。今となってはどう弁明しようが理由はどうあろうが遅すぎる。ありのままに事実を述べて法の裁きに従う、それが今出来る最低限の罪の償いだと思う

「よくあるね。文面をみると、追う方にも問題が?ってつい、思い勝ちだが、逃げれば総ての正統性を失う事をもっと。」

「信号無視で捕まると免停にでもなるタイミングだったのかな?信号無視するくらいだから普段から交通ルールは守ってないんだろうけど。そういう輩だから事故を起こしても正しい行動はしないわな。犠牲になった方はお気のどくでした。」

「逃走中に起こした事故だけに意外と潔く出頭してきたね。最初っから逃げなければよかったのに。起こした罪は重い。」

「パトカーから必死で逃げるって事は暴走してたんだよな?一般道でそんな事を、したら事故を起こすのは目にみえてるだろ?これは轢き逃げじゃなく殺人だよ」

「逃げなければそこまでの罪にはならないのに。しかも無職で家族に付き添われて出頭とはね。大人になりきれてない感じか。」

「明らかに殺人なんだけど、車での殺人って罪が軽いだよね。極刑にでもしてもらわなければ、亡くなられた方も浮かばれないよな~」

「信号無視で何故そこまで必死で逃げる必要がある?しかもその若さで無職のくせに、何故車に乗れるのか?親が甘やかしすぎなんでしょうね。保証も親頼みでしょう。」

スポンサーリンク

終わりに

信号無視で逃走した代償が高く付いてしまいましたね。

とんでもないことをしたと、しっかり自覚していただきたいですね。

亡くなられた方の冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする