動かなくても手が届く!?「人をダメにするベッド」が人気!!

ベガ

2014年1月、「人をダメにするベッド」が世に登場しました。

家具業界ではヒット商品が出にくいと言われていて、そんな中でもSNSで話題になった商品です。

販売したのは家具ネット通販(EC)を行う「LOWYA(ロウヤ)」で、ベガコーポレーションが運営しています。

価格は税込み3万3990円

人をダメにするベッドとはいったいどんな物なのでしょうか。

スポンサーリンク

動かなくても生活できちゃう!?

ベガ

引用:https://www.low-ya.com

いわゆるロフトベッドといわれる形体のこのベット。

洋服ハンガー、棚、コンセント、PC、読書、食事ができるデスクなどなど、こと生活に必要な機能が全て手の届く範囲にあります。

ベッドにいながら生活ができ、あまりに便利すぎて、ベッドの中から抜けられなくなってしまうため、「人をダメにする」というネーミングなのだといいます。

形状を見れば納得ですね。

最初は期待されていなかった?

実は当初、制作した会社内でも「売れるわけがない」といった意見があり、切り切って販売終了できればいいと考えられていました。

もともとステーションベッドというジャンルで他社の商品が存在していたそうなんです。

しかしありはしたものの、おしゃれで機能的な商品がなかったため、それなら自社でデザインしてより良いものを作ってしまおうとなったそうです。

期待の薄さとは裏腹に、発売3カ月後にはブログ経由で多くのアクセスがあり、ツイッターで1日100人くらいだったアクセスが、突如5000人にまで膨れ上がりました。

想定より10倍も売れる結果となったそうです。

この商品を元祖に、その後も「おしゃれに『人をダメにする』ベッド」などシリーズ化したところ、これまたツイッターで話題となりました。

このベッドがあれば、休日はこのベッドだけで生活できる」と、ベガの創業者である浮城智和社長(42)。

若者のインドア志向、SNS映えするネーミング、一人暮らしが主流の住宅事情などなど、様々な要素でもって消費者の心をとらえることになりました。

こんな商品も

ベガ2

引用:https://item.rakuten.co.jp

人をダメにするベッドだけではなく、猫とテレビ台をかけ合わせヒットしたのが、「キャットウォークテレビ台」です。

猫が遊べるキャットウォークと壁面テレビ台を組み合わせたのは、おそらくベガが業界初ではないかとのこと。

猫ブームも追い風になりはしたものの、こちらも新しい価値を提案し顧客の潜在ニーズを引き出した形になりました。

「LOWYA」サイトの特徴

ベガ3

引用:https://www.low-ya.com

LOWYAのサイトで貫いている点は、徹底的に商品を解説しているという点です。

商品をあらゆる角度から撮影し、解説付きの商品写真を何枚も何枚も掲載。

ネジ穴の間隔を測った写真や、引き出しの中の写真など商品の細かなところまでとことん見せています。

それまで家具業界は写真1枚で売ることが慣習でしたが、商品の細かい部分についての問い合わせが多かったため、自社で撮った写真やアニメで商品説明を作ったところ好評だったそうです。

低価格にも挑戦していて、例えばソファなら平均2万~3万円台。

つまりベガが築きあげたビジネスモデルとは、低価格サイトへの細かい気配り商品のオリジナルティ、この3つとわかります。

スポンサーリンク

ECとは

EC(electronic commerce)とは、電子商取引と訳され、インターネット上でものやサービスを売買すること全般を指します。

「インターネット通販」や、「ネットショップ」といった、今日ではごく普通に使われている言葉をを総称したものがECであると考えればよいでしょう。

引用:https://ecnomikata.com

代表取締役 浮城 智和(うきしろ ともかず)氏

べが4

引用:https://www.nishinihon-venture.com

1976年福岡県生まれ。

九州国際大学経済学部卒業後、2004年に北九州市で有限会社ベガコーポレーションを設立(2007年に株式会社に組織変更)、代表取締役社長に就任しました。

2006年に自社EC「LOWYA(ロウヤ)」を立ち上げます。

大学卒業後に起業を目指し、1年ごとに様々な業界を経験するために1つの業界を1年で辞めることを繰り返ていました。

しかし26歳になると、1年ごとに転職していたことがあだとなり、書類選考で落ち、ついには無職になったといいます。

無職期間は独立できなかったときのために、法律の勉強に明け暮れたそうで、今では企業法務に強くなったといいます。

その後、家具の輸入商社を経て、起業。実店舗は持たずECのみで販売する道を選びました。

当時大手でもインターネットでの家具の販売は行っておらず、今後流通がネットに変わるのを何となく察していたこともあり、ECで勝負することに決めたそうです。

創業当初は自宅の6畳1間が職場だったそうです。

こんなサービスも

ベガ5

引用:https://uploadvr.com

ベガはこの2月、自社で開発したハイビジョンARをLOWYAに実装しました。

その特徴は限りなく実物に近く、アプリがなくてもLOWYAのウェブを開けば、すぐにARで家具の配置が確認できるといいます。

つまり、サイトにアクセスした携帯のカメラ越しに家具を置きたいところを見ると、そこに家具を置いた際のイメージ映像が見られるということです。

ARとは

ARとは、「拡張現実感(Augumented Reality)」の略で、実際の景色、地形、感覚などに、コンピュータを使ってさらに情報を加える技術を指す。

引用:https://webtan.impress.co.jp

ベガの構想

自社ECとしては、自社製品を扱うLOWYAのほか、大塚家具やフランスベッドなど他社の家具を販売する「Laig(ライグ)」、国境を越えて通信販売を行う越境EC「DOKODEMO(ドコデモ)」の3つを持っています。

外国人観光客が増加するインバウンド需要が増す中、自社の越境ECは同業各社との連携を図れる有力な武器との考えのようです。

政府はインバウンドを2030年には6000万人へと拡大するとしていますが、6000万人の外国人が来日すれば、個人消費だけで10兆~12兆円になるとの試算で、そうなると家具・インテリアとアパレルを足した業界より大きな市場ができるため、そこを逃す手はないとのこと。

そのとき、ベガのECに出店している他社も手軽に越境ECを活用できれば、ともに世界市場に参入できるという構想を練っているようです。

人をダメにするベッドも世界の人々に注目されるか、楽しみですね。

スポンサーリンク

終わりに

今回、人をダメにするベッドについて初めて知りましたが、これまであってなかったアイディアに驚きました。

大着者の筆者にはすごく興味のあるベッドで、自分なら何を置こうかと現物を見ていないにも関わらず、想像して楽しんでしまいました。

近年ではネット通販が当たり前の時代になってきたこともあり、当然のように家具業界もそれに乗っているところのようですね。

それを考えると、商品の詳細が見れることや、ARでイメージ映像を見れることなどを取り入れていることは消費者にとってはかなりの利便性アップだと感じます。

今回の企業については、これからも画期的な商品と販売方法を生み出してくれそうでわくわくしてしまいますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする