鈴木和也容疑者、男子高校生にわいせつ行為?動機は?千葉市立小教諭

ツイッター

神奈川県警相模原南署は7日、高校2年の男子生徒にわいせつな行為をしたとして、千葉市立小学校教諭の男を逮捕しました。

またまた学校の先生の不祥事が取り沙汰されていますが、今回はこの事件について、犯行の動機や経緯などについて調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

買春10

引用:https://keiji-pro.com

神奈川県警相模原南署は7日、高校2年の男子生徒(16)にわいせつな行為をしたとして、千葉県千葉市若葉区桜木北で、千葉市立小学校教諭の、鈴木和也容疑者(37)を児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕しました。

鈴木容疑者は8月18日、東京都中央区のホテルで、男子生徒に現金1万円を払う約束をして、わいせつな行為をした疑いがもたれています。

2人はインターネットの会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合ったようで、県警がサイバーパトロールを行った際、2人の関係が発覚したということです。

スポンサーリンク

鈴木和也容疑者のプロフィール

名前:鈴木和也

年齢:37歳

職業:千葉市立小学校の教諭

住所:千葉県千葉市若葉区桜木北

スポンサーリンク

鈴木容疑者の顔画像

鈴木容疑者の顔画像については、情報が入り次第更新していきます。

犯行の動機

ツイッター

引用:https://www.bloomberg.co.jp

現在、この事件についての鈴木容疑者の認否は明らかになっていません

また動機についても詳しいことはわかっていません。

しかし今回、男子生徒に対してわいせつ行為を働いているということで、もともと男色の気があったことは想像できますね。

SNSで知り合ったということですから、準備を重ねて今回の行為に及んだことでしょう。

スポンサーリンク

犯行現場

今回の犯行が行われた場所は、「東京都中央区のホテル」ということで、以下の辺りになります。

スポンサーリンク

児童買春・ポルノ禁止法違反の刑罰

買春2

引用:https://keiji-pro.com

児童買春・児童ポルノ禁止法は、18歳未満の未成年を性犯罪から守り、健全に成長させるための法律です。

児童買春とは、「18歳未満の未成年を相手に対価を与えて性交渉やそれに類似する行為を行うこと」です。

また児童ポルノとは、「児童のわいせつな様子を撮影した写真画像や動画」のことを指します。

これらに対して、児童の買春、わいせつ行為、行為の斡旋、勧誘、売買、国外移送、またポルノの所持、提供、製造、運搬、輸出入、陳列などを規制している法律となっています。

これらに違反すると、以下のような罰則の対象となります。

罪・行為 刑罰
児童買春罪 5年以下の懲役または300万円以下の罰金
児童買春のあっせん、勧誘罪 5年以下の懲役または500万円以下の罰金

(業として行う場合は7年以下の懲役及び1000万円以下の罰金)

児童売春目的の人身売買 1年以上10年以下の懲役
児童売春目的で児童を国外に移送 2年以上の有期懲役
児童ポルノの所持罪 1年以下の懲役または100万円以下の罰金
児童ポルノの提供罪 3年以下の懲役または300万円以下の罰金
児童ポルノ公然陳列罪、運搬、輸出入 5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金またはそれらの併科

引用:https://keiji-pro.com

スポンサーリンク

終わりに

今回のように、最近では警察のサイバーパトロールで事件が発覚することが多くなってきています。

それだけSNSが普及していることと、児童買春が横行していることに繋がりを感じ、警察が危機感を覚えているということでしょう。

心当たりがある人も中にはいるかもしれませんね。

もしかしたらすでに警察に目をつけられているかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする