大内美代子容疑者(元看護師)、認知症女性の預金盗み逮捕!【東京・葛飾区】

大内

警視庁城東署は30日、訪問介護先だった認知症の高齢女性のキャッシュカードを使って現金計124万円を引き出したとして、窃盗容疑で東京都葛飾区奥戸の無職、大内美代子容疑者(57)を逮捕しました。

なぜこのようなことをしたのか、いろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

大内4

引用:https://www3.nhk.or.jp

大内容疑者は2017年7月~18年4月の間、江東区内の80代女性のキャッシュカード複数枚を使い、4回にわたり計124万円を引き出した疑いがもたれています。

大内容疑者は当時、別の窃盗事件で起訴され保釈中だったということです。

城東署によると大内容疑者は、訪問介護の仕事をしていて女性宅に出入りしていました。

被害女性は家族と暮らしていましたが、家族が仕事に出るなどして女性と大内容疑者だけになることもあったということです。

同居する女性の息子が通帳記入した際に、不審な引き出しがあることに気付き発覚しました。

ATMの防犯カメラには、預金を引き出す大内容疑者が写っていたということで、警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

女性の口座からは合わせて約1900万円が引き出されていたということで、警視庁が関連を調べています。

スポンサーリンク

大内美代子容疑者のプロフィール

大内

引用:https://www.youtube.com

名前:大内美代子

年齢:57歳

職業:無職(元看護師)

住所:東京都葛飾区奥戸

スポンサーリンク

犯行の動機

大内3

引用:https://www.youtube.com

今回の犯行の動機については、明確な理由などはまだ公開されておりませんが、完全にお金目的だったことは間違いありません。

しかも何度も来る返していたことから考えると、かなり慎重に引き落としていたのではないかと考えられます。

きっと一度に引き出す金額は、少額だったはずです。

結果的にバレてしまいましたが、途中で不審がられても逃げ道を作るために、数回に分けて引き落としていたのでしょう。

しかし、別の窃盗容疑で保釈中だったにもかかわらず、今回の犯行をやってのけるわけですから、どんな神経のず太さなのかと驚いてしまいます。

スポンサーリンク

犯行現場

大内2

引用:https://www.youtube.com

事件当時、大内容疑者が訪問介護の現場として被害女性宅に行っていたわけですが、被害女性宅は「東京都江東区内」ということです。

また大内容疑者は4年前に東京・葛飾区の特別養護老人ホームに勤務していた際、入所者のキャッシュカードを使って現金を盗んでいました。

今回の犯行が行われた江東区の被害女性宅については、上記以外の情報は現段階で公開されていませんでしたので、公開され次第更新していきます。

また上記の写真は、大内容疑者が現金を引き落としたコンビニの写真です。

報道の映像から、大内容疑者が現金を引き出したコンビニはおそらく、「セブン-イレブン 葛飾奥戸6丁目店」でしょう。

住所:〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6丁目5−1

スポンサーリンク

保釈中だった大内容疑者

大内容疑者は2016年にも、勤務していた特別養護老人ホームの入所者のキャッシュカードを使って現金を盗んだ疑いで警視庁に逮捕、起訴されていました。

17年1月に保釈され、実刑が確定して18年10月に収監される間に今回の事件を起こしていました。

もはや窃盗癖があったと言わざるをえません。

スポンサーリンク

終わりに

先にも述べましたが、保釈中ながら犯行を犯すのですから、神経が図太いにもほどがあります。

これも先程述べましたが、前から盗み癖があったのでしょうね。

しかしながら、保釈中だった大内容疑者を雇った訪問介護事業者は、大内容疑者の過去の犯行のことなどは把握していたのでしょうか。

事業者の信用も失いかねない事態ですから、とばっちりといえばそうなのかもしれませんね。

大内容疑者は今回の逮捕で、自分の罪を悔い改めるでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする