奥村秀飛容疑者、顔画像!誘拐容疑?動機は?知人男児だった?刑罰は?

公園3

小学生男児(11)を誘拐したとして、兵庫県神戸市のアルバイトの男が逮捕されました。

知人の男児だったということですが、今回はこの事件について、犯行に至った動機や、刑罰など、調べてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

公園2

引用:https://www.bengo4.com

未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは、兵庫県神戸市北区緑町のアルバイト、奥村秀飛容疑者(24)です。

奥村容疑者は27日午後9時過ぎ、神戸市内の路上で男児を連れ去り、誘拐した疑いがもたれています。

男児にけがはなかったということです。

男児は27日昼、神戸市内に家族と出掛けていた際に、母親に叱られ単独行動をとっていました。

ところが男児は深夜になっても家に帰らず、28日未明に母親が行方不明届を提出したということです。

明けて28日昼、警察が男児がよく出掛けるという神戸市内の商業施設を捜索し、奥村容疑者と一緒にいる男児を発見しました。

2人は以前からゲームセンターなどで一緒になることがあったということで、男児とは面識があり、奥村容疑者は調べに対し「一緒にいたことは間違いないが、誘拐になるとは思っていない」と容疑を一部否認しているということです。

スポンサーリンク

奥村秀飛容疑者のプロフィール

名前:奥村秀飛

年齢:24歳

職業:アルバイト

住所:兵庫県神戸市北区緑町

スポンサーリンク

奥村容疑者の顔画像

奥村容疑者の顔画像については、情報が入り次第更新していきます。

犯行の動機

公園3

引用:https://www.kuchinai.org

今回の犯行について奥村容疑者は、「一緒にいたことは間違いないが、誘拐になるとは思っていない」と容疑を一部否認しているということです。

では奥村容疑者は、どのように考えていたのでしょうか。

考えられることとしては、

・男児を保護していたつもりだった

・母親が探しに来るだろうと考えていた

・夜遅い時間帯なので、一緒にいてあげていた

などが挙げられます。

奥村容疑者は男児と面識があったということで、男児と一緒に公の場にいたことを考えると、男児自身も特に嫌がるというようなことがなかったと考えられます。

しかしながら、なんの連絡もせず次の日まで一緒にいたという点については、もう少し違う方法があったのではないかと感じてしまいますね。

奥村容疑者は一緒にいただけでも罪に問われるということを知らなかったようですね。

スポンサーリンク

犯行現場

今回の犯行が行われた場所は、「神戸市内の商業施設」ということで、以下の辺りになります。

かなりの数の商業施設があり、特定には至りませんでした。

スポンサーリンク

未成年者誘拐の刑罰

杉5

引用:https://www.keijihiroba.com

未成年者を誘拐した場合には、刑法第224条の未成年者誘拐罪が適応となります。

未成年者誘拐罪は誘拐される本人の自由だけでなく、その監護者(保護者)の監護権も保護しています

そのため、未成年者本人が同行に同意していたとしても、その親などが同意していない場合には未成年者誘拐罪が成立する可能性があります。

未成年者誘拐罪の法定刑は、「3ヵ月以上または7年以下の懲役」となっています。

スポンサーリンク

世間の反応

今回の犯行について、世間の反応を紹介します。

「詳しい内容だと、「出かけた先で母親と男児が口論となって、男児がひとりでいたところに顔見知りのこの男性がいて一緒にいてあげてた」って感じなんだが·····
むしろ感謝するべきなのでは?
男児が母と喧嘩して戻りたくないのを、話聞いてあげて落ち着くまで保護してあげてたようなものでしょ。」

「違う記事で拝見したがお母さんにも非があるし逆にこの男性に感謝しないといけないんじやあ~ないですか?情状酌量でお願いします!」

「顔見知りの近所の兄ちゃんだろ?
可愛がってる近所のガキンチョが家出しきたら、ちょっとぐらい匿うぐらいはしちゃうかもな。もちろん警察に届けない勝手な保護は犯罪になるリスクがこの時代はありえるというのは知っていて欲しかったけど、ちょっと世間知らずな24歳ぐらいだったら知らないこともありえるかも。」

「夜23時に自宅に連れて行くのはちょっとおかしいと思う。母親もいくら頭にきたからって小学生を置き去りにはしない。両方おかしいと思う。」

「夜中まで子供が一人で外出してるのを放置してる親もどうなの?夜一人で外にいたら、うち来る?と言いたくなる。親に連絡すべきだったけど。」

「この24歳の男性は、きっと優しい性格なのかな…でも、やった事は法的には誘拐になるんだよね? よく似た事件もニュースでやってるし、もう少し法律を知って欲しかったが、心情的には許してあげて欲しいかな。。。」

「親がケンカしてだかで放った時間が遅い。
21時にケンカして親から離れて、帰りたくないって言ってる子の話を落ち着くまで聞いてあげて23時になり、外にも置いておけないしってとりあえず家にあげるまではわかる。
でも翌日の昼までどこにも連絡せず警察にも届けずでは…ダメだな。
誘拐と思われても仕方ないかも。
でも、本質は誘拐ではなさそうとは個人的には思わんでもない。
親切心から匿ったちょっと世間知らずの近所のにーちゃんって感じ。」

「一見保護してくれたようにも見えるけど、夜までいるのはさすがにダメだわ。せめて警察に迷子届けだすか親に連絡しなきゃ。いくら本人が嫌がったとしても、そこを諭してでも連絡いれなきゃいけなかった。」

スポンサーリンク

終わりに

様々なところでこの容疑者を容認する声が聞こえますが、その行為事態に問題はなくとも、時間が時間なだけになんの連絡もせず一緒にいたということが、大きな問題だったということに早く気づくべきでしたね。

普通に考えれば、小学生の子供が次の日まで帰ってこなかったら、行方不明かもしれないと考えるのが親であれば当然ですからね。

この男児からも事情を聞いていることでしょうから、今回の行為にどの程度情状酌量が適応されるのか注目されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする